車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

ANA銀聯カードのポイントを詳しく説明【ポイント5倍キャンペーン】

最終更新日:2017年7月21日

 

マイルを貯めるぞ!と思い立ち、2017年からANA VISA ワイドゴールドを使い始めた社長です。

 

ワイドゴールドを申し込むときにキャンペーン狙いで「ANA銀聯(ぎんれん)カード」を申し込みました。(キャンペーンは下の画像のものです)

 f:id:mile-shacho:20170202165612p:plain

 

キャンペーンでこのカードを3万以上使わないといけませんので、銀聯カード利用に対するポイントも気になるところですよね。

 

今回は、そのあたりを三井住友ゴールドカードデスクに質問してみました。現在ポイントアップのキャンペーン中であることもあり、実は相当なお得なマイル還元率であることがわかりましたので、以下で説明したいと思います。

 

そもそも銀聯って?どこで使えるの?

中国で発行されているカードのようです。爆買いの人たちが日本に来て使うため、爆買いされそうなお店では使えるようになっていることが多いようですね。うちの近所のドラッグストアでも使えました。(そういえば、龍角散が爆買いされてるとニュース見たことある気がするなぁ)

 

f:id:mile-shacho:20170202165635p:plain

 

このマークのお店で使えます。

 

ただしマークがあればどこでも使えるわけでなく、暗証番号を入力する端末がある店でしか使うことができません。詳しくは以下の記事を参考にください。

 

ポイントのつき方について詳しく説明

ANA銀聯カードは、1000円利用につきワールドプレゼントが1ポイントもらえます。1ポイント5マイルで移行できます。マイル移行手数料などは必要ありません。ワイドゴールドは1ポイント10マイルですが、銀聯カードは5マイルコースしかありません。

 

すなわち、1,000円利用で5マイルですから、マイル還元率は0.5%となります。

 

しかし【2017年1月1日~4月30日】の間は、ポイントアップのキャンペーンをしています。

 

2017年7月追記:2017年6月1日(木)~2018年3月31日(土)にもポイントアップキャンペーンが再開されました。

 

f:id:mile-shacho:20170202165653p:plain


なんと、国内利用でポイント5倍です。1000円利用で5ポイントもらえます。5ポイントをマイルに移行すると、25マイルになりますね(1ポイント=5マイル)。マイル還元率は2.5%となり、期間限定ですが、ワイドゴールドを遥かに超える還元率となりました。

 

注意点がありますので、以下ご覧ください。

 

(注意点1)

キャンペーン適用されるには、エントリーが必要です。Vpassからエントリーを忘れずに!

 

(注意点2)

利用時に暗証番号を入力するときは、6桁のようです。決めてある4桁の番号の前に00(ゼロゼロ)をつけて入力すればよいようです。

 

(注意点3)

銀聯カード利用でのポイントは銀聯カードに貯まります。ワイドゴールドのポイントと合算はされません。銀聯カードのポイントはポイントでマイル移行しましょう。

 

(注意点4)

銀聯カード3万利用のキャンペーン達成でもらえる500ポイントは、ワイドゴールドの方に入ります。つまり、この500ポイントは、ワイドゴールドの1ポイント10マイルコースにて、マイル移行できますので、500×10=5000マイルになります。

 

(注意点5)

海外利用のポイントアップは2倍なので、100円利用換算で1マイル。海外なら他のカードを使った方がいいかな。

 

銀聯カードのポイントや利用についてのまとめ

100円につき2.5マイル貯まるなら、4月末まで積極的に使ってもよいかも、ですね。僕も、使えるところがあれば優先的に使っていこうかと思います。