車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

会社の経費を個人のクレジットカードで払ったときの超簡単経理の仕方

f:id:mile-shacho:20170207114232j:plain

会社の経費を、個人のクレジットカードで支払わざるえないときがあります。

 

例えば、社長の場合、法人カードがアメックスやダイナースで、それらが使えない店だったら?個人のVISAやマスターカードで支払うことが考えられます。あとは、たまたま法人カードを家に忘れたとか(笑)

 

例えば、従業員の場合、会社で必要なものを買うときに、コーポレートカードを持っていなくて自分個人のクレジットカードで立て替えることもあるかもしれません。

 

そもそも会社の経費を個人のクレジットカードで支払っていいのか?そして、その経理処理は超簡単にする方法はあるのか?僕の経験を元に説明したいと思います。

 

 

会社の経費を個人のクレジットカードで支払ってもよいのか?

基本的には、会社の経費はそれ専用のカード(つまり法人向けのクレジットカード)で支払った方が経理上明瞭でよりよいとは思います。ただし、上の例のように、たまたま法人カードで支払えないものを個人カードで支払うときがあっても、大丈夫でしょう。

 

念のため三井住友ゴールドカードデスクに電話をして聞いてみました(僕は、現在、メインの個人カードをANA VISA ワイドゴールドにしている)。

 

答えは・・・

 

「会社経費の支払いに個人カードを使っても、まったく問題ありません!」

 

支払い限度額までなら、ご自由にどうぞ、とのことです。しかし、これはカード会社によって違うこともあるため、使っているカード会社に一度確認することをオススメします。(特にアメックスは個人と法人の利用の区別に厳しいとの噂です)

 

社員が経費を個人のクレジットカードで立て替えした場合、貯まるポイントやマイルは誰のもの?

これは会社の方針によるようです。しかし、たいていは本人のものになっていることが多いと思います。出張族の方がマイルを貯めまくってる例などもそうですよね。

 

公務員の方のマイル取得は、出張費が税金からきてるからということで、問題化されたことがあるようですが、民間企業では、あまり問題になっていないのではないでしょうか?(もし会社に規定があれば、それに従ってください)

 

もちろん、うちの会社も社員のポイントやマイルに関与はしません。

 

経費立替の経理処理はキャッシュレスがオススメ

社長や従業員が会社で必要なものを自分のクレジットカード(現金でもいいのですが)で立て替えたとき、会社からはその分を現金で支給したりしますよね?小口現金というやつです。

 

これはメチャクチャ面倒くさいんで、やめた方がいいと思います。僕は以下の本を読んで小口現金の扱いはなしにしました。これ本当にかなり経理処理が楽になるので、是非是非参考にして欲しいと思います。

 

 

電子書籍(kindleもkoboも)はなかったので、Amazonか楽天ブックスで。

 

詳しくは本を読んでもらうと目から鱗だと思いますが、超簡単に説明すると・・・

 

  1. 従業員が立て替えて支払う
  2. 立て替えたものを、エクセルなどで簡単に作ったレポートに記入し、領収証を貼り付けて出してもらう
  3. 合計額を翌月の給料に合わせて支払う

 

と、こんな感じ。

 

会社に現金をおいておく必要もなくなりますし、毎回、現金を支給する手間も省けます。お金の管理がとても楽になりますよ。

 

デメリットは、立て替えてから支給されるまでにタイムラグがあること(しかし解決可能)

上で紹介した本の方法で経理処理したとします。このとき、従業員が会社経費を立て替えすると、次の給料支給までは立て替えたお金が戻ってこないことになります。それが嫌だと思う人もいるかもしれません。

 

これは、会社経費を立て替えるとき各自がクレジットカードを使うことで解決するのではないでしょうか?クレジットカードなら支払ってから口座引き落しされるまでに期間がありますので、ちょうどよいと思います。また従業員自身もクレジットカードのポイントが貯まってメリットもありますね。

 

会社の都合だけで今までのやり方を変えようとすれば、必ず反発があります。社員のみなさんにもメリットがあれば、納得してもらえると思います。

 

クレジットカードって素晴らしいな(笑)小口現金の扱いで面倒なことになっていたら参考にしてください。

 

合わせて読みたい面白経営記事