車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

アメックスのポイント制度改悪が想像以上に解約者を出しそうな理由

f:id:mile-shacho:20170212104437j:plain

長年使ってきたアメリカンエキスプレスゴールドカードを解約予定の社長です。

 

マイルを貯めるために、メインの個人カードをANA VISA ワイドゴールドカードにしたのは、何度も書いてきた通りです。

 

個人向けのクレジットカードについては、マイル還元率が非常に高いカードが揃っています。ステータスカードはレストランやトラベルに特化している節があり、マイルの還元率で勝負するのは、そもそも厳しいものがありました。

 

しかし、法人カードにおいては、ポイントがつかないカードも多く、アメックスビジネスやダイナースビジネスの100円決済に対して1pt(=1マイル)の還元率は十分に魅力的なものとなっていました。

 

そんな最中、アメックスのポイント制度が2017年4月から改悪されると発表され、ホルダーの方には戦慄が走ったと思われます。これが「あ〜、ちょっと下がっちゃったな〜、ANAは下がってないから、ま、いっか!」というレベルの話では、まったく済まない状況になっており、今回は、それを数字でしっかり検討したいと思います。

 

アメックスのポイントはブリティッシュ・エアウェイズへの移行が定番だった

現在、ブリティッシュ・エアウェイズ(以降BA)のAvios(BAのマイルです)を使って、JALの特典航空券が取れるようになっています(JALとBAは同じワンワールドのため)。しかも、国内650マイル未満なら期間関係なく片道で4500Avios、往復なら9000Aviosで飛べてしまいます。これは、羽田やセントレアから北海道まで、往復9000Aviosで旅行ができるということ。JALだとディスカウントマイルの期間で、かつ、JALカード所有者の割引を適用しても往復11500マイル必要なので、BAの方が少ないマイルで特典航空券を取れてしまうわけです。

 

改悪前のアメックスポイントは1ポイント=1Aviosで移行できました。これが改悪後には、1ポイント=0.8Aviosの比率での移行になってしまうのです。

 

この0.2%のダウンが、とんでもない結末をもたらすことになるのです。

 

アメックスのポイント制度改悪で沖縄への旅はどうなった?

マイルの還元率だけ見ていては、本当にそれがお得なのか見えにくくなります。実際に、いくら決済したらどこまで飛行機で行けるのか?という観点で見た方がいいですよね。

 

ということで、沖縄に特典航空券で行く場合、クレジットカードをいくら使えばいいのかの表を作ってみました。

 

f:id:mile-shacho:20170212085421p:plain

 

表の見方を簡単に説明します。セゾンプラチナとアメックスの改悪前、改悪後のBAと、アメックスのANAとで、いくら決済したら往復の特典航空券が手に入るのか比べています。

 

沖縄H、沖縄R、沖縄Lというのは、ANAのハイシーズン、レギュラーシーズン、ローシーズンに対応させました。JALは通常時と、ディスカウントマイルの2つの期間しか分かれていないので、HとRは同じにしています。またJALカードを持っていることし、500マイルのJALカード割引も適用した数字を記入しました。なおJALのディスカウントマイルの期間とANAのローシーズンの期間は、両社意識しているのかほぼ同じになっています(例年、JALディスカウントマイル期間は年末年始以外の12月〜2月とGW以外の5月まで、ANAローシーズン期間は年末年始以外の12月〜2月と4月かと思います)。

 

沖縄への旅は、アメックスの改悪前だろうか後だろうが、セゾンプラチナの優位性が際立っており(表の赤字の部分)、アメックスポイントの改悪なんてどうてもいいや!という結果に(いや、ホルダーの人にとってはどうでもよくない、笑)

 

アメックスポイントの改悪で北海道の旅が衝撃の結果に

次の北海道への特典航空券で行く場合なのですが、こんな感じの表になりました。

 

f:id:mile-shacho:20170212090154p:plain

 

東京と名古屋の表のローシーズンを見てください!アメックスの改悪前なら一番少ない決済額で北海道に行けてますよね。赤字の900,000円のところです。これが、アメックス改悪後のものだと1,125,000円となり、セゾンプラチナの1,022,222円を超えてしまっています。また、ANAへの移行は、そんなにお得ではないようですね(もちろん、ANA VISA ワイドゴールドカードなどの高還元マイル率のカードでは話は違ってきます)。

 

改悪前なら、アメックスポイントで、もっともお得に北海道に行けていたものが、改悪後には、セゾンプラチナに負けてしまうという結果になりました。

 

ただし、これはJALのディスカウントマイル期間とANAのローシーズンのときの話なので、その他の期間はアメックスのBAもお得なんですけどね。僕は、JALのディスカウントマイル期間の旅行を検討しているので、普通以上にそこに注目しています(笑)

 

【まとめ】アメックスポイント制度改悪で思ったこと

アメックスポイントのBA移行率が下がったのは本当に残念でしたね。僕はアメックスのポイントをまだ数万持ってますので、改悪される前(2017年3月まで)に、BAに移して北海道行きに使ってもいいかなと思っています。それにしても、セゾンプラチナビジネスでマイル貯めてJAL乗るのは強い。

 

 

アメックスは今年1月から始まった国税納付での還元率が0.5%(200円につき1pt)というのも痛い。セゾンプラチナビジネスアメックスは国税納付でも通常と変わらず100円に対して1.125JALマイルが貯まりますからね。

 

参考記事2つ

 

いつか、高級レストラン、高級ホテルがメインの人生にでもなったら、アメックスプロパーをメインに戻してもいいのかな、なんて、妄想したりしています(笑)