車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

【会社の電話を携帯に転送する人必見】格安050〜IP電話「IP-Phone SMART」のメリットを見い出す

f:id:mile-shacho:20170215211645j:plain

 

計画している香港への社員旅行について、少し前に、現地で使う携帯電話の通話について調べました。

 

www.mile-shacho.com

 

このとき見つけたものが「IP-Phone SMART」というサービス(楽天のグループ)です。登録料も基本使用料も無料で050〜の番号がもらえます。iOS用もAndroid用もアプリが出ていて、インストールすれば、スマホからかけたり電話を受けたりできます。いわゆるIP電話のサービスなので、通話料はとても安い。しばらく利用してみて、それ以外にも(僕的に)絶大なメリットがあったので紹介したいと思います。

 

「IP-Phone SMART」の料金確認

まずは通話料ですが、以下のものとなります。

 

f:id:mile-shacho:20170215084341p:plain

 

とにかく相手が固定電話だろうが携帯電話だろうが、基本的に30秒8円でかけられるということ。現在、携帯電話の通話料コースは様々なバリエーションがあり、比較が難しいのですが、一般的には固定電話の通話料と携帯電話の通話料の間くらいになってるのではないでしょうか?

 

僕はソフトバンクですが(もうじき格安sim移行予定)、ホワイトプランで30秒20円、Wワイト(基本料934円アップ)で30秒10円です。Wホワイトと比べても「IP-Phone SMART」の方が安いということに。

 

「IP-Phone SMART」のメリットその1

これは前の記事でも書いた話ですが、会社から自分の携帯に転送するときの通話料が安くなるというもの。

 

僕は、自分が外出中で、職場に誰もいないとき、会社にかかってきた電話を自分の携帯に転送するように設定しています(ボイスワープというNTTのサービス)。このとき、会社の固定電話(ひかり電話)から自分の携帯電話への通話料が発生します(←ここ重要、転送時に重要なのは、受ける携帯電話の通話料ではなしに、ひかり電話からどこにかけたらいくらかかるか?というところです)。

 

ひかり電話からソフトバンクへの通話料は1分18円です。この転送先を「SMARTalk」にすれば、ひかり電話から「IP-Phone SMART」の050への通話となり、通話料は3分10.5円、1分では3.5円となります。携帯への転送の1分18円と比べると、料金が約1/5になってますよね。

 

このように転送されたときに、会社の固定電話(ひかり電話)の通話料が安くなるのが1つ目のメリットです。

 

ちなみに、iPhoneの電話帳に入ってる番号が転送されてきた場合、アプリの「SMARTalk」には電話帳の名前がしっかり出るのもgood! 

 

「IP-Phone SMART」のメリットその2

これが、僕的には最大のメリットだったのですが、会社からの転送を「SMARTalk」の050〜の番号にしておくと「SMARTalk」にかかってくる電話だけが会社関係の電話だとわかるというものです。

 

携帯電話への転送だと、直接携帯にかかってきた電話なのか、会社からの転送なのかわからないときが多々あり、それがちょっと不便だったんですよね。(よくわからないときは、全部「会社名+自分の名」で出ていました)

 

今は「SMARTalk」にかかってきたものは会社からの転送なので、区別が容易。これが2つ目のメリットです。

 

「IP-Phone SMART」のライバル発見、その名は「brastel」

基本使用料が無料の050サービスで、 IP-Phone SMARTとライバルぽいものを見つけました。brastelといいます。

 

www.brastel.com

 

料金はbrastelの方がちょっと安いみたい。

f:id:mile-shacho:20170214152651p:plain

 

通話料お得なbrastelですが、課題もありまして・・・brastelは通話料がチャージ方式というもの。僕はチャージ方式があまり好きではありません。先に入れておくのが面倒で(汗)しかし、クレジットカードを使ったオートチャージ機能があるようなので大丈夫かな。

 

しかし、さらなる課題がありまして・・・brastelには留守番電話機能がない。一方、IP-Phone SMARTは留守番電話機能が無料で使えます。僕は留守番電話機能は欲しいので、IP-Phone SMARTですね。ちなみに、MYページの各種設定内の「着信転送/留守番電話設定画面へ」にて、留守番電話になるまでに呼び出し時間の設定や、録音されたものをメールで送る設定ができます。

 

「IP-Phone SMART」のデメリットは、電話をかけるとき050が通知されてしまうこと

「IP-Phone SMART」のデメリットは、電話をかけるとき、当然のことながら050〜であちらに表示されてしまうというもの。最初からみんなにその番号を教えておけばいいのですが、まぁ、普通は090とか080の番号を教えてありますよね。

 

だからソフトバンクのWホワイトより少し安くても、050からは電話をかけにくいのが現状です。そこで楽天でんわです。

 

楽天でんわの特徴は

 

  • 基本使用料不要
  • どこかけても30秒で10円の通話料(ソフトバンクのWホワイトと同じ)
  • 楽天でんわを使っても自分の携帯電話番号の通知をしてくれる

  

ということで、自分の携帯の番号通知をさせたいとき、僕は楽天でんわを使っています。詳細は以下よりどうぞ。

 

楽天でんわ/楽天モバイル

 

会社の電話を携帯電話に転送するときのまとめ

以下のようなメリットがあります。

 

  1. IP-Phone SMARTにしておくと会社の電話代が安くなる

  2. IP-Phone SMARTにしておくと会社にかかってきた電話が区別できる

 

僕としては、特に2つ目のメリットが大きいです。しばらく使っていますが、通話品質は合格ですね!会社の電話を携帯電話に転送しないといけない人がいましたら、参考にしてください。