車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

【るるぶ VS まっぷる 比較】価格、携帯性、アプリから見る両者の違い

最終更新日:2017.08.11(最初に記事を書いた後に「るるぶ」も「まっぷる」も色々買ったのでその経験も踏まえてリライトしました)

f:id:mile-shacho:20170223083958j:plain

香港旅行(社員旅行)に向けて、ガイドブックについていろいろ調べてみました。定番の旅行雑誌には「るるぶ」「まっぷる」がありますが、どう比較したらいいのでしょうか?今回は、内容や値段、さらにスマホやタブレット用のアプリまで比較したので、紹介したいと思います。

 

 

るるぶとまっぷるの内容の比較

恐らく多くの人がるるぶまっぷるについて一番知りたいのは「内容の違い」ではないでしょうか。実は僕もそうでした。色々ネットで調べたり、実際に買ってみたり・・・しかし、ネットでの意見はバラバラ、自分で買って比較してみても内容の大きな違いは分からず・・・。

 

もしや、内容の違いってあまりないのでは???

 

f:id:mile-shacho:20170811151451j:plain

 

僕も最初は「センスのあるガイドブックの方を選べば旅のクオリティが上がるのではないか?」と思っていました。しかし、初めて行く土地で、通しか知らない不思議な穴場に行きたいのでしょうか?僕自身よくよく考えたら「とりあえず間違いのない主要な観光スポットが知りたい」と思っていることに気付きました。

 

そしてるるぶまっぷるも主要な観光スポットは間違いなく網羅されています。るるぶまっぷる「何泊何日プランならこれ!」とか旅初心者にはありがたいルートを作ってくれてます。そのプランを比較してみても、ほとんど一緒ですしね(笑)

 

細かいところを比較すれば違うのでしょうが「内容はどちらも同じくらい役に立つ」でいいと思います。このため僕は、あえて内容で比較せず、機能面を徹底比較しました。

 

るるぶとまっぷるを紙の本で買う場合の比較

今回は社員旅行で「香港・マカオ」に行くので「香港・マカオ」のガイドブックを紙の本で買う場合を比較してみます(恐らくどの旅先でも同じような結果になるはずです)。るるぶまっぷるも両方とも1,080円と値段は同じでした。

 

るるぶにもまっぷるにも持ち運びに便利な縮小版がある 

るるぶにもまっぷるにも縮小版があります。紙の本を旅行先に持って行きたい人はこちらがいいですよね。

 

  • るるぶは「ちいサイズ」(B5変型判)
  • まっぷるは「mini」(A5変型判)

 

ここで注意点ですが、るるぶの「ちいサイズ」とまっぷるの「mini」はサイズが違います。るるぶの「ちいサイズ」はB5変型判(タテ226mm×ヨコ185mm)で、まっぷるの「mini」はA5変判(タテ180mm×ヨコ147mm)です。B5よりA5の方が小さいので、つまりは小さい版の比較では、るるぶよりまっぷるの方が小さいです。

 

まっぷるの「mini」はかなり小さいので持ち運びには便利ですが、紙面も小さくなります。このため人によっては少し見にくいと感じるかもしれません。もう少し大きい方がいいなぁと思う場合は、るるぶの「ちいサイズ」にしましょう。実際に本屋で手にとってサイズの違いを比較してみることをオススメします。

 

まっぷる(紙も本)は電子書籍が無料でつく

まっぷるの方は紙の本を買うと、電子書籍がアプリで見れるサービスが無料でついてきます。本とタブレット(もしくはスマホ)と両方見たい人はこちらがいいですよね。本は家族みんなで見て、自分はタブレットで見るとか。旅行先でスマホを使って見るとか、用途が広がります。

 

まっぷるの本についてくる電子書籍を見るアプリは「まっぷるリンク」というものです。このアプリ、iOS用のものを見たら、iPad版のアプリがなく、iPhone版しかありません。iPadで見たい場合は、iPhone版を入れて使いましょう。

 

るるぶとまっぷるを電子書籍(AmazonのKindleと楽天Kobo)で買う場合の比較

f:id:mile-shacho:20170811151516j:plain

「香港・マカオ」での比較ですが、るるぶまっぷるを電子書籍で比較すると金額に差がありました。

 

まっぷる電子書籍版はKindleもKoboも864円

 

一方、るるぶは、Kindleが960円、Koboが576円となっており、KoboがKindleと比較して異様に安くなっています。現時点ではるるぶをKoboで買う場合が一番安いということです。

 

しかし、少し前はるるぶのKIndleもKoboも960円と記憶しているので、電子書籍は時期によって値段が変わるようです。現在の金額は以下のリンクでご確認ください。

 

るるぶ電子書籍版

 

まっぷる電子書籍版 

 

るるぶとまっぷるのiTunesストア電子書籍アプリの比較

るるぶまっぷるもiTunes Storeにアプリがありましたので比較してみます。

 

  • るるぶ・・・「るるぶデジタルストア」
  • まっぷる・・・「まっぷるマガジン」

 

ややこしいのは・・・この「まっぷるマガジン」、上で紹介したまっぷるの紙の本でおまけでついてくる電子書籍用の「まっぷるリンク」とは別のアプリということです。

 

るるぶまっぷるも、アプリ内で課金して電子書籍を購入できるようになっています。「香港・マカオ」の価格は両方とも960円

 

ちょっと気になったのは、アプリで買った場合の「版の新しさ」についてです。まっぷるは2017年版の最新のものでしたが、るるぶは2014年発売のものになっていました。なぜアプリでは古いのかは謎です。

 

f:id:mile-shacho:20170811151828j:plain

 

るるぶとまっぷるのすべてのバージョンの価格比較

いろいろな価格が出てきてややこしいですね。そこで表にしました。

f:id:mile-shacho:20170220160034p:plain 

値段は、(2017年2月時点では)るるぶのKobo版が圧倒的にお得!(さらに楽天ポイントもつくし)

 

追記るるぶの楽天Koboは960円に戻っているようです。)

 

るるぶまっぷるの機能と価格の比較まとめ

  • 安くて電子書籍でいいならるるぶの楽天Kobo(追記:現在はまっぷるのKindleかKoboの864円が安いです)
  • 紙版と電子書籍両方ならまっぷるの紙版
  • ほどほどの大きさならるるぶ「ちいサイズ」(B5変)、さらに携帯性重視ならまっぷる「mini」(A5変)

※KindleやKoboは金額が変動するので注意!

 

最後に定番の本の紹介

有名な「地球の歩き方」です。こちらも購入しました。

 

 

関連記事

実際に香港に行ったときの旅行記はこちら!