車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

アメックスの個人カードとビジネスカードでANA移行上限は16万に!(→訂正:上限8万でした)

f:id:mile-shacho:20170321084854j:plain

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの申し込みキャンペーンでワクワクしてる社長です。

 

現在、アメックスビジネスゴールドカードは公式サイトのキャンペーンページで最大90,000ポイントゲット(&初年度年会費無料)の可能性があります。詳しくは以下の記事で。

 

これほど大量のポイントが入ると気になるのは「ANAマイルの移行上限」ですよね。アメックスのポイントからANAマイルへの移行は年間8万マイルまでと上限が決まっています(1/1~12/31の1年間)。今回は、アメックスゴールドカードとアメックスビジネスゴールドカードを持っていた場合、ANAへのマイル移行はどうなるのか?カードを2枚持っているから2倍になるのか?ということについて調べましたでの、参考にしてください。

 

アメックスのポイントはANAマイルへの上限を16万にできる(訂正:8万までが上限でした)

アメリカン・エキスプレス・カードの個人カードと法人(ビジネス)カードを両方持っている場合、ANAマイルへの移行上限はそれぞれに8万マイルまでとなります。つまり、2枚合わせて16万マイルまで移行可能ということです。(アメックスに聞いて確認しました)

 

『追記:後日、アメックスに再度確認したところ、これは間違っていたらしく、カードを複数枚持っていてもANAマイルへの年間移行上限は1人8万マイルまでとのことでした。お詫び申し上げます。』

 

 

アメックスの個人カードと法人(ビジネス)カードのポイントを合算したら?

アメックスのポイントは個人カードのものと法人(ビジネス)カードのものを合算できます。すると先に書いた「メンバーシップ・リワード・プラス」と「メンバーシップ・リワードANAコース」もそれぞれで入る必要がなく、1つでよいことになります。

 

しかし、この場合は、ANAマイルへの年間移行上限が、個人カードと法人(ビジネス)カード2枚合わせて8万マイルまでとなってしまいます。年間8万マイル以上を移行する人は2枚のカードそれぞれで移行手数料を払って合計16万マイルまで移行するのもいいのではないでしょうか?

 

『追記:上でも説明した通り、合算してもしなくてもANAマイルへの年間移行上限は1人8万マイルです。合算しないとそれぞれのカードに移行手数料がかかってしまいますから、とにもかくにも合算した方がよいです。』

 

関連記事