車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

アメックスプラチナ年会費の元を取るのは超簡単!旅行好きには最高のカード

f:id:mile-shacho:20171016182409j:plain

年会費の元をとる気満々でアメックスプラチナ(ビジネス)を発行した社長です。

 

アメックスプラチナは年会費が13万円+税と高額です。しかし、特典の使い方によっては年会費以上の価値が十分にあると思って発行しました。

 

今回は、自分が考えていた具体的な特典の使い方を説明し、アメックスプラチナの年会費の元を取る一例を紹介したいと思います。アメックスプラチナ興味あるけど、本当にその価値があるのかな?とお考えのみなさん、ぜひ参考にしてください。

 

(僕が持っているのはアメプラのビジネスカードなので、従業員に発行する追加カードの話も出てきますが、これを配偶者や兄弟、ご両親に置き換えて読んでいただくと個人カードの方にも参考になるかと思います。)

 

 

アメックスプラチナで元を取るとなると最初に出てくる特典とは?

アメックスプラチナで元を取る話では必ず出てくるのは以下のものではないでしょうか?

 

  • FHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)
  • ダイニング・アクセス
  • プラチナ・コンシェルジェ・デスク

 

『FHR』は高級ホテルに様々特典をつけてお得に予約できるサービです。ザッと見た感じでは、普段1泊5万円以上のホテルに泊まっている人が利用するとかなりお得になるイメージです。アメプラ持つくらいならこれくらいのところに泊まるよね?と言うことなんでしょうが、さすがに高いですよね。

 

一泊2,3万円のホテルでも素晴らしいホテルがたくさんあります。それくらいのホテルに泊まる人でも、十分にアメプラの元が取れることを想定して「FHRを何回か使ったら元取れるよ!」と言うのは、今回は封印しようと思います(笑)

 

『ダイニング・アクセス』はアメックスプラチナが厳選した高級レストランを2名以上で利用すると1名分が無料になると言うサービスです。とてもお得に見えますが、料金がどれも1万円以上と大変お高いです。これを何度も利用すればその度に1万円得してるわけですが(2人で2万円のところが1万円になっているから)、敷居が相当に高いですね。

 

と言うことで、今回は、こちらの特典も元を取る計算からは省くことにします(笑)

 

評判の良い『プラチナ・コンシェルジェ・デスク』ですが、確かに非常に心強いサービスだと思います。僕はセゾンプラチナアメックスカードのコンシェルジュを利用してきましたが、色々な場面で活用させてもらいました。

 

 

年会費から考えて、本家のコンシェルジェにはさらに大きな期待をしていますが、これは金額で計算しにくいサービスです。超絶時給の高い人にとっては、例えば航空券やホテルが何万円高くなってもコンシェルジェに丸投げした方がメリットがあるわけです。

 

しかし、それに該当する人は(僕も含めて、笑)かなり稀でしょうから、今回はこのプラチナ・コンシェルジェ・デスクも元を取る計算には入れないことにします。

 

と言うことで、もっと簡単な使い方で元を取ることを考えてみましょう!

 

【アメックスプラチナ年会費の元を取るための大前提1】強力なホテル特典

アメックスプラチナにはホテルの上級会員になれる特典があります。中でも以下の2つが超強力です。

 

  • マリオットゴールド・・・部屋のアップグレード、朝食2名分(+ラウンジ利用)
  • ヒルトンゴールド・・・部屋のアップグレード、朝食2名分

※マリオットゴールドはSPGゴールドからステータスマッチしてなります。

 

ホテルの朝食は1名3,000円程度はします。それが無料でついてくるんですね。また部屋のアップグレードがされれば、より広く快適なお部屋に泊まることができます。マリオットに至ってはラウンジ利用まで無料に!(これはとんでもないことですよ)朝食やラウンジ利用はゴールド会員と同伴者1名までの適用です。

 

なんですが、実はこのホテル特典、アメプラ追加カードにも付属します。

 

追加カードを妻にも発行すれば、自分と妻でそれぞれ1名同伴者まで特典が適用されるため、子ども2名を入れた家族4人全員がホテル特典を享受できます。これはヤバすぎでしょ。

 

ただし、子ども添い寝で家族4人が同室の場合、1人がマリオットゴールドなら全員が特典を受けられることが多いようです。(以下参考記事です)

 

 

ですので、アメプラの威力は、お子さんが大きくて部屋を2つ取らないといけないときなどに最大になりますね。

 

またアメックスプラチナは追加カードが4枚まで無料です。僕のアメックスプラチナはビジネスカードなので、残りの3枚を社員に発行します。これで社員旅行に行けば、自分と社員3人のアメックスプラチナ4枚で、最大8人までホテル特典を享受できるわけです。このゴールド会員まみれの社員旅行はホテルステイが相当に楽しみですよね。

 

f:id:mile-shacho:20171016175539j:plain

 

マリオットゴールドには、今大人気のSPGアメックス(年会費31,000円+税)を発行すればなれます。ヒルトンゴールドにはヒルトン・オナーズVISAカード(まいぺいすリボ設定で年会費約7,000円+税)を発行すればなれます。

 

アメックスプラチナの追加カード会員は、これらの2枚のクレジットカードのホテル特典を合わせて持っているようなものです。しかし、今回のアメックスプラチナの価値計算は、厳しめに見積もるとして、別の似たサービスを持つクレジットカードの年会費を足したりはしません。マリオットやヒルトンを1回利用するたびに朝食の3,000円得したとして計算していきます。

 

アメックスプラチナ年会費の元を取るための計算(1)・・・マリオットやヒルトンに泊まったとき朝食1人1回3,000円分の価値があったとする

 

【アメックスプラチナ年会費の元を取る大前提2】プライオリティパスが同伴者1名まで無料

アメックスプラチナではプライオリティパスを発行することができます。プライオリティパスがあれば、国内主要空港の国際線や海外での空港でVIPラウンジに入ることができます。旅行好きには必須のプライオリティパスですが、アメックスプラチナのプライオリティパスは同伴者1名まで利用可能となっています(ほとんどのカードは本会員のみの利用しかできません)。

 

そしてそして、アメックスプラチナは、追加カードでもプライオリティパスを発行できてしまうんですね。

 

だから、自分と妻がアメックスプラチナからプライオリティパスを発行すれば、それぞれ子どもを同伴者として家族4人でVIPラウンジに入れると言うことに!

 

社員旅行で、自分を合わせた4人がアメックスプラチナのプライオリティパスを持っていれば、合計8人までVIPラウンジを利用することができるわけです。この社員旅行はめちゃめちゃ社員のテンションが上がりそうじゃないですか。

 

プライオリティパスを普通に利用しようとすると、利用回数無制限のプレステージ会員で399ドル(約45,000円)もの費用がかかります。同伴者は27ドル(約3,000円)必要です。

 

お得にプライオリティパスを持つなら楽天プレミアムカードが一番と言われていますが、これは年会費が10,000円+税です。(もちろん同伴者も利用する場合は無料ではなく3,000円必要)。

 

アメックスプラチナなら本会員と追加カードの4人の合計5人分がプライオリティパスを発行できるわけで、50,000円(楽天プレミアムカード5枚分)の価値があるとも言えます。

 

しかし、今回は、1回ラウンジ利用をすると1人3,000円得したと言う計算でいってみようと思います。(同伴者料金から割り出しています)

 

アメックスプラチナ年会費の元を取るための計算(2)・・・プライオリティパスでラウンジを利用したら1人1回3,000円分の価値があったとする

 

f:id:mile-shacho:20170404140608j:plain

 

写真は香港国際空港のPlaza Premium Lounge(プライオリティパスで利用可能)です。さらにさらに香港国際空港にはアメックスセンチュリオンとプラチナホルダーのみ入れる『センチュリオンラウンジ』が設置されたとか!香港によく行く人にとってはアメックスプラチナの価値がさらに高まりますね。

 

アメックスプラチナの特典を使ったとして元が取れるか計算

1年間で実際にこれくらいは旅行に行くかな?と言う想定の元に、アメックスプラチナの特典でどれくらいお得になるのか計算してみたいと思います。

 

さて、アメックスプラチナの高額年会費(13万円+税)の元は取れるのでしょうか!?

 

(1)家族で国内旅行に行って24,000円分の価値

例えば、年に2回、どこかのマリオットの一番安い部屋(朝食なし)に家族4人で泊まったとします。

 

ホテル朝食3,000円×4人分×2回=24,000円

 

部屋のアップグレードもされる可能性があるし、そこまで考えると、さらにお得になるのですが、あえて厳しめに朝食だけを計算しました(笑)これだけで24,000円分の価値があることになります。

 

(2)家族で海外旅行に1回行って48,000円分の価値

家族で2泊3日の海外旅行に1回行くとしてアメックスプラチナの価値を計算してみたいと思います。

 

まず空港でプライオリティパスを利用したとして

 

空港VIPラウンジ利用3,000円×4人分×2回(往復)=24,000円

 

さらに旅行先でホテルに泊まりますよね。これは国内ホテルと同じ要領で計算します。

 

ホテル朝食3,000円×4人分×2泊=24,000円

 

上記より家族4人で海外旅行に1回行ったとしてアメックスプラチナの価値を計算します。

 

ラウンジとホテル朝食だけでも合計 48,000円分の価値に!

 

(3)社員旅行で海外に1回行って最低でも48,000円分の価値

例えば、社員4人で行ったとしても家族4人で行った時と同じように48,000円分得したと考えられます。

 

これが最大8人までは特典を受けられるのですから、その場合は倍の96,000円に!

 

今回は厳しく見積もって、4人で利用したことを想定します。48,000円分の価値として計算したいと思います。

 

(4)元は取れたか?合計の価値は!?

  • 家族旅行(国内)・・・24,000円
  • 家族旅行(海外)・・・48,000円
  • 社員旅行(海外)・・・48,000円

 

合計・・・120,000円

 

おいおい、年会費の130,000円超えてないじゃない・・・。

 

しかし!アメックスプラチナにはフリーステイギフトと言うものがありまして、これは2年目からもらえる無料宿泊券となります。

 

フリーステイギフトを詳しく検証するとそれだけで1つの記事になってしまいますので、今回は簡単に言うと、最低でも15,000円くらいのホテルに無料宿泊できそうな券です。

 

これを先ほどの120,000円に足してみると・・・

 

旅行+フリーステイギフトによるアメックスプラチナの価値=135,000円

 

年会費130,000円を超えました(笑)

 

アメックスプラチナの年会費を簡単に取る方法まとめ

アメックスプラチナの年会費は高額ですが、こうしてちょっと旅行に行くだけで、元が取れそうな感じではありました。

 

これに追加して、さらに出張や旅行に行けば、本当にどんどんお得になるように思います。社員旅行もあえての4人で計算してみましたが、6人や8人で考えたら、相当にお得になります。

 

最初に今回の計算に入れないと言った『FHR』『ダイニング・アクセス』『プラチナ・コンシェルジェ・デスク』を1回でも利用すればさらに価値は高まりますし、手厚い海外旅行保険だってあります。

 

こうしてアメックスプラチナの年会費は十分に元が取れると判断しました。

 

もちろん、ホテルの朝食ではなく外の喫茶店のモーニングの方がコスパがいいとか、空港でラウンジ行かずにスタバで十分と言う考えもあります。(価値観は様々)

 

ですから、アメックスプラチナを検討してみえる方は、僕のような考え方もあると参考にしていただけたらと思います。

 

【こんなに価値のあるアメックスプラチナカード、紹介なら即申し込み可能】