車好き社長のマイル戦略

名古屋で会社を経営する社長です。貯まっていたポイントをお得に使う方法を探していてマイルに交換することを知りました。法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

アメプラ持ってホテル泊まったら8万円以上得した話!年会費13万円が激安に感じる使い方

f:id:mile-shacho:20180214011540j:plain

先日、アメプラの面白い使い方をして「これだったら年会費13万円(税抜)なんて激安やん!!!」と強く感じた社長です。

 

簡単に言えば、アメプラ持って社員と琵琶湖マリオットに行って遊んで来ただけなんですが、これがもう相当に楽しくて、なおかつお得に泊まれて、アメプラ最強すぎやろ!と感じたわけですよ。

 

と言うことで、アメプラを持ってマリオットに行くと、どんな楽しいことがあるのか?そして、どれくらいお得になったのか?具体的に紹介したいと思います。

 

「アメックスプラチナカード発行して、超お得な使い方をしてみたい!」と言う人は参考にしてください。

 

 

今回使ったアメックスプラチナカードの特典を説明

今回はアメプラ本会員の僕と、アメプラ追加カードを持っている社員2人と、何も持っていないスタッフ2人と計5人で琵琶湖マリオットに遊びに行ってきました(社内で希望者を募ったらこうなった)。

 

アメプラは本会員も追加カード会員にもマリオットゴールドの特典がつきます。つまり僕以外の社員2名もマリオットゴールド会員です。

 

マリオットゴールドと言えば、以下の特典がつくことで有名です。

 

  • 部屋のアップグレード
  • 朝食無料
  • ラウンジ利用可能
  • レイトチェックアウト

 

特筆すべきなのは、朝食無料とラウンジ利用に関しては同伴者1名までこの特典が適用されることです。すなわち、マリオットゴールドが3人いれば、+3人までは同伴者として朝食が無料になりラウンジ利用も可能なわけです。だから今回の僕らのホテル宿泊の場合で言うと、マリオットゴールドでもなんでもないスタッフ2名も朝食無料&ラウンジ利用がついてしまうんですね!

 

5人全員が部屋のアップグレード!

チェックインすると、なんと5人全員の部屋がアップグレードされました。詳しくは別記事を書いていますのでご覧ください。

 

 

この記事の通り、マリオットゴールド3人は温泉付きプレミアムルームに、スタッフ2名はデラックスルームにアップグレードされました。

 

5人とも税金と手数料コミコミ約7,600円でスーペリアを予約していましたが、その日の温泉付きプレミアルームは約20,000円、デラックスルームは約13,000円の部屋でした。どれだけ得したかを計算してみると

 

(20,000ー7,600)×3人+(13,000ー7,600)×2人=48,000円

 

こんな感じで、48,000円分にもなるんですね。温泉付きプレミアムルームは文字通り部屋に温泉のある素晴らしい部屋でした。

 

 

5人全員が朝食無料&ラウンジ利用可能に!

マリオットゴールドの同伴者特典で、5人全員が朝食無料にしてもらって、ラウンジ利用も可能でした。

 

では、朝食とラウンジ利用にはどれだけの価値があるのでしょうか?ホテルに聞いてみたところ「ゴールド会員は同伴者1名までは無料だけど、それ以上の同伴をされる場合は、朝食とラウンジ利用合わせて7,000円で提供している」とのことでした。

  

このことから、ゴールド特典による朝食無料&ラウンジ利用については1人につき7,000円得したと考えて計算します。

 

7,000円×5人=35,000円

 

琵琶湖マリオットの朝食ブッフェはもともと3,500円です。確かに品数豊富でどれも美味しく、それだけの価値のある朝食でした。残りの3,500円がラウンジ利用料と考えることができますが、琵琶湖マリオットのラウンジはかなりのクオリティーなので3,500円どころの価値ではない気が・・・(笑)

 

朝食とラウンジの利用について別記事で詳しく紹介しています。

 

 

とにかくみんなでラウンジに行って飲むのがめちゃめちゃ楽しい! 

 

その他細かい特典(プールやウェルカムドリンクなど)

f:id:mile-shacho:20180208152106j:plain

琵琶湖マリオットにはプールがありますが、利用するには宿泊者でも810円かかります。これがゴールド会員と同伴者1名までなら無料です。つまり5人全員が無料で使えるということです。

 

810円×5人=4,050円

 

またホテルにチェックインしたあとにウェルカムドリンクがいただけます。これも同伴者1名までOKなので、5人全員で乾杯。

f:id:mile-shacho:20180213183242j:plain

ま、ドリンクはラウンジ行けば自由に飲めますから、これは計算に入れないでおきましょうか(笑)

 

アメプラ持って琵琶湖マリオットに宿泊した結果

アメプラを持って琵琶湖マリオットに泊まったところ、どれだけ得をしたのかをまとめます。

 

  • 部屋のアップグレード・・・48,000円
  • 朝食無料&ラウンジ利用・・・35,000円
  • プール利用・・・4,050円

 合計87,050円

 

今回はアメプラ本会員1名、アメプラ追加カード会員2名のマリオットゴールド3人とステータスなしの2人の合計5人での利用で、これだけのメリットが出ました。

 

アメプラは追加カードを最大4枚まで無料で発行できて、すべてにマリオットゴールドの特典がつきます。本会員と追加カード会員4人の計5人がマリオットゴールドになれるので、それぞれが1人同伴できるとしたら、最大10人までゴールド特典を享受できます。

 

僕のようにアメックスビジネスプラチナカードなら、社内から10人までマリオットに泊まって相当な金額のメリットがありますし、個人のアメックスプラチナカードなら、家族10人まで同様の体験ができます。

 

5人でも8万円超えのメリットがあったので、10人で利用したら一発で年会費以上のメリットが出てしまうかも(笑)

 

さて、目を引くように「金額」でメリットを書いてきましたが「実際にその金額相応の価値があるか?」は本来考えなければなりません。

 

例えば、部屋のアップグレードも最初から2万円の温泉のある部屋にどうしても泊まりたかったのなら、そこに7600円で泊まれてお得だ!と言えますが、実際はスーペリアルームでも不便はないわけです。また朝食やラウンジも、ホテル外で利用すれば、もっとリーズナブルな飲食方法があるのかもしれません。

 

しかし、やはり「いくら得したか?」と目に見えるのが楽しいじゃないですか。一緒に行った社員やスタッフ達が、会社から渡されたクレジットカードの特典使ってホテル泊まったら「何円分くらい得した気がする!」と具体的に感じられることに意味があるのです。自分がもし社員の立場だったら、同僚と「おいおい、これってこんだけ得してるんじゃない!?」とか盛り上がりたいし、社外の友達にも自慢したくなります(笑)

 

実際に、一緒に行ったみんなは「琵琶湖マリオットすごく良いホテルだし、ゴールド特典すごくお得だ!」と感動してくれて社内で『琵琶湖マリオットの会』が発足したくらいです。定期的に琵琶湖マリオットにはみんなで通うことになりそう(笑)

 

こんな感じで、社員やスタッフの満足度は8万円どころでなかったので、なかなか良いアメプラの使い方だったのではないかと思います!琵琶湖マリオットは元の宿泊料が7千円台なのでお得感がより凄まじかったのですが、他のマリオットホテルでもゴールド特典は同様に受けられます。琵琶湖マリオットが近くになくても、他のマリオットホテルに大勢で行くのも楽しいのではないでしょうか?ただし、アメプラにマリオットゴールドの特典がつくのは永続的とも言えないので、こんな面白い使い方ができるのは今だけかもしれませんね。

 

アメプラはインビテーション待たずに申し込む方法もあるので、発行を考えている人はすぐに行動されることをオススメします。

 

 

以上、アメプラ持ってマリオット泊まりに行ったら8万円以上得した話でした。こんなアメプラの使い方もあると参考にしていただけたらと思います。