車好き社長のマイル戦略

名古屋で会社を経営する社長です。貯まっていたポイントをお得に使う方法を探していてマイルに交換することを知りました。法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

【SPGと統合後】アメプラのMarriottステータスは?プラチナorゴールド(プラチナチャレンジ組のステータスも確定)

f:id:mile-shacho:20180908221820j:plain

アメックスプラチナカードのホテル特典でマリオット宿泊を楽しんでいる社長です。

 

2018年8月18日よりマリオットとSPGの会員制度が統合し、新しいステータスでの運用が始まりました。この辺りの詳しい内容は、別の記事で書いておりますので、詳しく知りたいと言う人は以下記事をご覧ください。

 

 

アメックスプラチナホルダーにとって気になる点は「アメックスプラチナカードのホテル特典は、マリオットとSPGの統合後、プラチナエリートなのか?ゴールドエリートなのか?」また「アメックスプラチナ起点でプラチナチャレンジしたアカウントのステータスは何になったのか?」と言うところだと思います。

 

自分のマリオットアカウントとアメプラ追加カード会員である社員達のマリオットアカウントを元に説明していきたいと思います。

 

 

アメックスプラチナのホテル特典はマリオット新制度で何会員に?

僕自身はプラチナチャレンジを経て、統合前はマリオットプラチナメンバーでしたので、普通のアメックスプラチナホルダーから得たマリオットステータスと違います。そこで社員に渡したアメプラ追加カードから得ているマリオットステータスを元に説明します。

 

マリオットとSPGの会員制度統合後、アメックスプラチナで得られるマリオットステータスは、ズバリ・・・

 

ゴールドエリート

 

となります。

 

新制度のゴールドエリートは25泊で得られる会員資格で、ラウンジ利用はできません

 

統合直後に一度、社員達のステータスが全員プラチナエリートになったのですが、それはバグだったらしく、数日でゴールドエリートに表記変更されました。この流れはSPGアメックスホルダーも同様のようです。Twitterなどでも、一瞬プラチナエリート→ゴールドエリートになっている人が多かったです。

 

ただし、周りがゴールドエリートに変更された後も、プラチナエリート表記のままになっている人がチラホラいるようです。理由はハッキリとは分かりません。ただ、プラチナエリート表記のままの人達は、今でもプラチナエリート特典でラウンジが使えているようですので、該当した方は超絶ラッキーでしたね!(ただしいつまでプラチナエリートでいられるかは不明です)

 

うちの社員達は、統合前にマリオットホテルに数回泊まっていた者も一度も泊まったことがない者も、漏れなくゴールドエリートになっていました。社長がこんなにマリオット宿泊にハマっているのに、1人くらいプラチナエリートにならんのかい!(笑)

 

社員旅行もマリオットでしたからね!

 

 

社員の誰かがプラチナエリートになってくれたら、今後の社員旅行でも活躍しそうだったのになぁ(笑)

 

アメックスプラチナを持ってプラチナチャレンジをしていた場合は新制度で何会員に?

僕と1人の社員は統合前にプラチナチャレンジをしていました。統合前のステータスは、プラチナメンバーでした。

 

マリオットとSPGの会員制度統合前に、プラチナチャレンジでプラチナメンバーとなっていた2人のステータスは、統合後に・・・

 

プラチナエリート

 

となっていました。

 

あれ、おかしいな・・・プラチナチャレンジを経た(旧)プラチナメンバーは(新)プラチナプレミアエリートになるはずだけど・・・

 

実は、統合直後にリッツカールトン大阪に宿泊したのですが、その際ホテルからも「プラチナエリートと認識されている」と説明を受けました。プラチナプレミアエリートではなくプラチナエリートとして、とある秘密のレセプションに招待されたりしてました。

 

 

まぁまぁ、プラチナエリートであってもマリオットホテルのラウンジは使えますからね。そんなに不自由はないんですけどね。ただプラチナプレミアエリートだと公式サイトから予約して泊まった時にもらえるボーナスポイントが+75%なんですよ。+75%と言うのは、ベースでもらえるポイントが宿泊料の10%で、その10%に対して75%upすると言う意味です。つまりは宿泊料の17.5%がマリオットポイントとしてもらえると言うわけなんです。17.5%もポイント還元されたら凄いでしょ!なおプラチナエリートだと+50%なので、15%になりますね。

 

しかし、リッツカールトン大阪から帰って来てすぐに、公式サイトやアプリでのステータスが

 

プラチナ"プレミア"エリート

 

に変更されました!!!

 

同時期にプラチナチャレンジ済みだった社員のアカウントもプラチナプレミアエリートになりました。Twitterのお友達を見る限り、(アメプラ起点SPGアメックス起点どちらでも)プラチナチャレンジ組の人たちは全員プラチナプレミアエリートに変更されました。

 

統合直後に泊まったホテルでは何会員としてポイントが付与される? 

ここで疑問が浮かびます。リッツカールトン大阪で宿泊した際は、ステータスはプラチナエリートでホテルもそう認識していました。しかし、宿泊後すぐにプラチナプレミアエリートに変更されました。 では、ボーナスポイントは+50%なのか+75%なのか、どっちなのでしょうか?(細かくてすみません、笑)

 

数日後にリッツカールトン大阪のポイントが付与されまして、確認したところ

 

f:id:mile-shacho:20180908202806p:plain

 

赤枠がボーナスポイントです。ベースの4,003に0.75をかけると3,002になりますから、これはプラチナプレミアエリートとして認識されていることになりますね!このポイントから元の宿泊料が分かりますが(約4万円)・・・そうです、実はベストレート保証申請通してますので、思ったよりお安い料金になってると思います。(ここから税金とサービス料を足して、エキストラベッド代や添い寝の子どものクラブラウンジアクセス料なども足されて、総額は6万円近くなってしまいますが、汗)

 

 

注意点としては、ベストレート保証申請は、以前より通すのが非常に難しくなっていますので、あまり期待せずに探しましょう。

 

リッツカールトン大阪に宿泊したときはプラチナエリートと表記されていましたが、その後についたポイントはしっかりとプラチナプレミアエリートとして計算してくれていました。

 

また、数日後、とある海外のマリオットに泊まったのですが(宿泊きは後日アップします)

 

 

しっかりと『Elite Platinum Premier』の文字が!もうさすがにプラチナチャレンジ組は、プラチナプレミアエリートで決まりではないでしょうか。

 

【SPGと統合後】アメックスプラチナのホテル特典によるマリオットステータスまとめ

僕の知る限り、アメックスプラチナホルダーもSPGアメックスホルダーも、統合後のマリオットステータスはまったく同じ動きとなっています。

 

  • SPGゴールドからのステータスマッチでマリオットゴールドだった人・・・新ゴールドエリートに(なぜか一部プラチナエリートに)
  • プラチナチャレンジでマリオットプラチナだった人・・・新プラチナプレミアエリートに

 

統合前の噂では「アメックスプラチナでマリオットゴールドになっている人は、新プラチナエリートになれる」なんてものもあったので、ほんの少し期待しましたが、全然そんなことはありませんでしたね(笑)

 

確かにアメックスプラチナカードは年会費が13万円(税抜)もしますから、何か特別なことが起きるのでは?なんて考えてしまいがちなんです。しかし、アメックスプラチナカードは追加カードが4枚まで無料で発行できることを忘れてはいけません。その4枚にまで本会員と同じホテル特典がつきますからね。すべてにマリオットのプラチナエリートが与えられたりなんかしたら・・・常軌を逸したカードとなってしまいます。

 

でも、よく考えたら、統合前は、本会員と追加カード会員の計5人すべてに(旧)マリオットゴールドが与えられて、全員ラウンジ使えたんですよね・・・アメプラホルダーにとっては、本当に恐ろしいボーナスタイムでしたね(笑)

 

これからはアメックスプラチナカードのホテル特典ではマリオットのラウンジは原則使えなくなりますが、アメックスプラチナには強力なFHRもありますし

 

 

アメックスプラチナのプライオリティパスは追加カード会員にも無料で発行できて、しかも同伴者1名まで無料ですから

 

 

トラベルについては無類の強さを発揮するカードです。

 

またこれからも、何か面白くてお得なアメプラの使い方を見つけていきたいと思います。 特典をどんどん探しては使って、このブログで紹介していきますので、引き続きよろしくお願いします。

 

【アメックスプラチナを紹介で即入手した体験談】