車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

アメックスプラチナ個人ではなくビジネスにした理由は?

f:id:mile-shacho:20171022183730j:plain

どうも『アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード』を所持している社長です。個人のアメプラではありません。

 

アメックスプラチナカードには、個人カードとビジネスカードがあります。どちらも年会費は13万円(税抜き)で、特典も基本的には同じです。

 

それでは、なぜ僕は個人カードではなく、ビジネスカードにしたのでしょうか?今回はその点について説明します。アメックスプラチナカードで個人かビジネスか検討している人は参考にしてください。

 

 

アメックスプラチナ個人カードとビジネスカードの違い

ほぼ同じと言われるアメックスプラチナ個人カードとビジネスカードですが、多少の違いもあります。簡単に説明します。

 

(1)カードデザインが違う

僕としては、デザインは個人カードの方がカッコイイなと思います。ビジネスカードの方はICチップがセンチュリオン部分にぶっ込まれてるし・・・(汗)

 

f:id:mile-shacho:20171022183815j:plain

 

しかし、デザインだけで個人かビジネスかを決めるほどではありません(笑)

 

(2)センチュリオンカードに進化するのは個人カードのみ

アメックスブラックカードと言われる『センチュリオンカード』には個人用のアメックスプラチナカードからしかアップグレードできないと言われています。

 

アメックスビジネスプラチナカードからはセンチュリオンカードが取得できませんし、ビジネスカードのセンチュリオンカードもありません。

 

センチュリオンカードを持つような人は、尋常じゃない収入と決済力が必要なので(しかも個人カードでですよ?)、僕には関係ありません(笑)

 

(3)保険や特典が少し違う

プラチナデスクに聞いて比較した程度ですが、簡単には以下のような違いがあります。

 

  • 個人カードには個人賠償保険がある
  • ビジネスカードにはカー・ピッキング・プロテクション(社有車の中にある貴重品等の保険)がある
  • JALオンラインが使えるのはビジネスカードだけ

 

これらも個人カードにするかビジネスカードにするかの決定打にはなりません。

 

なぜアメックスプラチナ個人カードではなくビジネスカードにしたのか?

それでは、何を理由にアメックスビジネスプラチナカードにしたのでしょうか!?

 

【アメプラ個人でなくビジネスカードにした理由1】年会費が経費になる

ビジネスカードにすれば、年会費は経費にできます。会社に利益が出ていれば、利益圧縮になり税金が下がりますね。

 

中小の法人税率は30%程度と言われています。13万円の30%は約4万円ですね。アメプラビジネスを持たなかったらこの4万円は税金で支払う必要がありますが、アメプラビジネスを持つことでその分が浮いているとも言えます。ですからアメックスビジネスプラチナカードの年会費は実質13万円ー4万円=9万円程度と考えることもできるのです。

 

法人で払えるものは払う、経営者なら誰もが思うところです(笑)

 

【アメプラ個人でなくビジネスカードにした理由2】社員に追加カードを発行できる

アメックスビジネスプラチナカードは、従業員に追加カードを4枚まで追加費用なしで発行できます家族には発行できません。小さな会社なら奥様も従業員であることが多いと思うので、その場合は奥様にも追加カードを発行できます。

 

追記:コメントでゴウタロウさんより「ビジネスで従業員でない奥様も発行できた」と教えていただきました。再度、営業担当者に質問したところ個人事業主向けのアメプラビジネスは家族にも発行できるそうです。そして、法人向けのアメプラビジネスはやはり基本的には従業員のみへの発行となるようです。あくまでも「基本的には」ですよ(笑)

 

f:id:mile-shacho:20171016175539j:plain

 

社員に発行した追加カードでも『FHR』『コンシェルジェサービス』などの特典が利用できますが、中でも注目したい特典が『ホテルメンバーシップ』『プライオリティパス』です。

 

アメプラのホテルメンバーシップはSPGゴールドからのステータスマッチでマリオットゴールドになれるのが強力です。マリオットゴールドは、本来50泊しないとなれないエリート会員資格で、この資格があれば、部屋のアップグレードやラウンジ利用が無料になります。今流行りのSPGアメックスのホテル特典部分がつくイメージです。

 

なおヒルトンゴールドもつきますが、これもなかなかの特典です。ヒルトンゴールドは、部屋のアップグレードや朝食無料の特典がつきます。場所によってはマリオットやSPGがなくヒルトンしかないところもありますので(福岡とか)、これはうれしい特典ですね!

 

プライオリティパスは、空港の制限エリアにあるVIPラウンジを利用することができます。しかもアメプラのプライオリティパスは、このラウンジに同伴者1名まで連れて入ることができます。(普通は本人しか入れず、同伴者は3,000円程度の費用が必要)

  

すなわちアメックスビジネスプラチナカードの追加カードを渡された社員は、無料でマリオットゴールドになり、プライオリティパス(同伴者1名無料)も手に入れることができると言うことに!アメプラ追加カードで武装した社員が、家族やパートナーと旅行に行ったらどう思うでしょう!?

 

社長最高〜!!!

 

と思うのではないでしょうか!?!?と言うのは冗談ですが(笑)福利厚生として、とても良いと思います。仕事面でも普通にプラスがあると思います。

 

『FHR』や『ダイニング・アクセス』などの「ザ・アメプラ特典」は、富裕層向けのサービスなので、従業員が気軽に使うには少し敷居が高いですよね。しかし『マリオットゴールド』や『プライオリティパス』は普通の旅行で使いやすく、従業員にとって大変なプラスになると思います。

 

アメックスプラチナ個人ではなくビジネスカードにした理由まとめ

僕の場合は、年会費を経費にできて、従業員に追加カードが発行できることが決め手でした。

 

なお、アメックスビジネスプラチナの追加カードは5枚目以降有料となり、ビジネスゴールドカードになってしまいます。

 

 

このつぶやきの通り、5枚目以降の追加ゴールドカードにはプラチナの特典はつきません(当然ですよね、笑)。

 

大きな会社では、アメプラの追加カードを発行しても、大勢の中の4名にしか渡せません。だから、小さな会社こそアメックスビジネスプラチナカードの威力が効いてくるのではないでしょうか(当社のような、笑)

 

アメックスビジネスプラチナカード、経営者の方には大変オススメのビジネスカードです。

 

【合わせて読みたい】

具体的な利用方法も含めて年会費の元を取る計算は以下の記事を参考に!

アメプラの個人カードもビジネスカードも紹介可能です。

セゾンのアメプラは、税金や公共料金支払いでもポイント半減しないところがスゴすぎる。この点は本家アメプラを凌駕していて手放せません(笑)アメプラ繋がりでこちらも参考にどうぞ。