車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

【社員旅行で香港マカオ2】香港空港のクレジットカード事情は?フェリーでマカオへ

社員旅行で香港マカオへの旅行記その2です。

 

今回は、香港空港到着からフェリーでマカオに向かうまでのことを書きます。

 

飛行機内のこと 

まずは飛行機でいただく飲み物です。ビールにしました。

f:id:mile-shacho:20170328155257j:plain

この味気ない写真はなんなんでしょうね・・・(笑)。せめてコップに注いでから撮らんのか???ビールの銘柄はスーパードライだったりモルツだったり、外国の謎ビールだったり、ランダムです。僕は、アルコールにこだわりゼロ(マイナスくらいかも)なので、なんでもOKです。

 

機内食です。カツ丼的なものを。2つから選べたのですが、もう1つは何だったか忘れてしまった。

f:id:mile-shacho:20170328155231j:plain

大変おししくいただきました!

 

社員のみなさんは映画などを見ていましたが、社長がめっちゃ話しかけて邪魔をしまくっていました(笑)みんなに相手にされなくなってきたので、社長はiPadで真面目に読書していました。どうでもいいですが、読んだ本はこちら。

 

 

「人がうまくいったものを表面だけさらってそのままやったら失敗するよ」という内容の本です。確かにその通りだ。電子書籍で買っておいてiPadにダウンロードしておけばインターネット環境がなくても読めます。飛行機にはUSB端子もあるので、充電も心配いりません。

 

香港空港に到着 

そうこうしているうちに4時間(5時間?)くらいで香港に到着!!!

f:id:mile-shacho:20170328160459j:plain

香港空港、広いですね。

 

まずは、日本で買っておいたSIMでインターネットを使えるようにします。僕は機内でAPN設定をしてからSIMを差しておいて、空港着いてから機内モードを解除したらそのまま繋がりました。社員のものはAPN設定せずにSIMを差したら、勝手にAPN設定がされて普通に繋がりました。どっちの手順でもいいのかな?

 

以前も紹介しましたが、こちらのSIMです。3Gですが、全然問題なく使えます。

 

 

注意点は、日本の回線業者のSIMを差したまま、モバイルデータ通信をオンにしたり、機内モードの解除をしたりしない、ということです。いきなり1日定額の海外パケット放題みたいなものになってしまいます。せめて「どこどこの回線につなぎますけどいいですか?」とか確認が出てくれればいいのですが、いきなりつながって定額請求(ソフトバンクだと香港で1日3,000円程度)が来ます。

 

なお、香港空港には無料のWi-Fiが飛んでいるので、海外SIMがなくてもネットはできます。回線速度は、場所によって速かったり遅かったりでした。

 

マカオに移動するためフェリーチケットを買う

今回は、いきなり香港空港からマカオにフェリーで行ってみようということで、フェリーのチケットを買いに行きます。

f:id:mile-shacho:20170328162129j:plain

なんかこれで行けそうだ。チケット売り場に並びます。

f:id:mile-shacho:20170328162240j:plain

フェリーについては、事前にほんの少しだけ調べていて以下の2点のことを知っていました。

  • フェリーの会社には、ターボジェット社とコタイウォータージェット社がある
  • マカオのフェリーターミナルはマカオフェリーターミナルとタイパフェリータミナルがあること

列の途中に優しい係りのお姉さんがいて、英語でいろいろ教えてくれます。15分後くらいに出発するフェリーがありましたが、それには間に合わないと。一番早く乗れるもので、2時間半後でした(汗)

 

チケット売り場の人は、こちらが英語が聞き取れないと、溜め息をつき、舌打ちをし、大変イライラしていました(笑)列で説明してくれた係りのお姉さんと真逆の対応に「あぁ、海外に来たぞ!」と気持ちが昂ぶります(爆)

 

わけがわからず買ったチケットはコタイウォータージェットでタイパフェリーターミナル行きでした。マスターカードだと20%オフになるキャンペーンをしていましたが、持ってません。社員みんなの分を買うためにセゾンプラチナビジネスアメックスカードで購入。空港のフェリーチケット売り場ではアメックスが使えました。

 

運賃はたしか1人3,000円くらいだったかな。週末とか時間とかで変わるみたいです。

 

フェリーチケット売り場で、パスポートと飛行機で預けた荷物の控えを渡します。すると、荷物が飛行機からフェリーに運ばれる仕組みです。これは便利ですよね。

 

フェリー出発までにランチタイム

フェリー出発まで2時間半もあります。ちょうどお昼だし、ご飯を食べようということで店を探します。香港空港から直接マカオにフェリーで行く場合は、香港に入国をしません。入国後は、いろいろお店もあるのでしょうが、入国前のスペースには数店舗しかお店がありません。

 

「とりあえず香港ぽいとこを」とみんなで相談して、中華ぽいお店でランチです。僕はこちらのラーメンぽいものをいただきます。

f:id:mile-shacho:20170328180923j:plain

海老ワンタンみたいなものが入っています。スープは味があまりしなくて、横の香辛料?を入れると、激辛になるというシステムです。そんなに美味しくはないかな(笑)社員曰く、チャーハンはおいしかった、とのこと。

 

支払いには、セゾンプラチナビジネスアメックスカードでチャレンジしましたが、使えませんでした。またクレジットカードを使うには「100香港ドル(約1,500円)以上」という条件付きでした。VISAは使えたので、社員全員のものをANA VISA ワイドゴールドカードで支払うことに。これは経費にしますが、個人カードで支払ったので、帰国後、以下の方法で処理します。

 

フェリーでマカオへ

チケットに集合時間が書かれており、その時間になったのでフェリー専用入り口に移動します。係りの人にチケットを見せて入り、エスカレーターで下の階に降ります。自動運転の電車のようなものが来るので、それに乗り込んでフェリー乗り場まで移動します。周りの人に習ってテキトーに行けば大丈夫(笑)

 

フェリー乗り場で少し待ちますが、セブンイレブンやトイレもあるので安心です。

 

フェリーが来ました。 

f:id:mile-shacho:20170329094006j:plain

この青いフェリーでマカオへ向かいます。コタイウォータージェット社のフェリーは青で、ターボジェット社のものは赤のようですね。フェリーは結構大きくて、揺れはそんなにひどくないです。ほとんどの人が船酔いはしないのではないでしょうか。僕は念のため酔い止め飲みましたが(奥さんがカバンに入れてくれていた!)。

 

細かいスケジュールを決めてないため、行き当たりばったりですが、とりあえず無事マカオに向けてフェリーは出発しました。

 

つづく

 

関連記事