車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

日本人がクレジットカードを使わない理由!?(アメックス日本社長インタビュー記事より)

f:id:mile-shacho:20170909142932j:plain

どうも、周りに「クレジットカードが好き」と話しても『!?』と言う顔される社長です。

 

みなさん、クレジットカード大好きですよね?現金持ち歩かなくていいし、ポイント貯まるし、たまに変な金色のカードもあってオシャレ(?)だし、本当にいいことずくめです。

 

しかし、日本人は現金主義の人が多く、クレジットカードを使う人が少ないらしいですね。この内容について、アメックス日本社長「清原正治」氏がインタビューを受けている大変興味深い記事がありましたので、紹介しつつ僕の考えを書きたいと思います。

 

www.newsweekjapan.jp

 

 

アメックスが思う「日本で現金主義が多い理由」は?

記事によるとクレジットカードの利用率は

 

アメリカで40%、イギリスやスウェーデンでは50%を超えているのに対し、日本は16%未満

 

とのこと。

 

こう見ると確かに日本は少ないですね。

 

これに対し、清原社長は「欧米は小切手の利用が普及していたため、現金からの脱却がすでに経験済みだった」また「アメリカは国土が広いため自分の銀行の商圏外に出るときはトラベラーズチェックが便利で普及した」このため「クレジットカードに移行する土壌があった」と言うようなことを仰っています。

 

日本にはそのような「クレジットカードを使わざるえないような圧力がないため、たまたま結果としてクレジットカードを使ってない状況」だと。アメックスが日本でクレジットカードが主流にならない要因を様々調査したが、日本固有の要因と言うものはないと言う結果になったそうです。

 

僕的には「日本でクレジットカードが主流にならない理由」はあると思う

それでは、一般消費者目線で、現在日本がクレジットカード主流にならない理由を考えてみたいと思います。

 

(1)サインが面倒

これ、単純にあると思いませんか?しかし、現在は、Apple Payなどが普及してきてサインレスの支払いも増えています。そういう意味では、今後、電子マネーの支払いと共にクレジットカード利用も増えていく予感です。

 

(2)クレジットカードだと使いすぎ問題

先日、社員とクレジットカードの話題になり、そのとき社員がこんなことを話していました。

 

「クレジットカードはポイント貯まるのはいいけど、どれだけ使ったかわからなくて、やっぱり使い過ぎてしまいます。」

 

これは結構大きな理由だと思います。

 

利用額については、実際はアプリで見れるんですけどね。しかし、リアルタイムに反映されないとか、いちいちアプリ見るのが面倒と言うのもあると思います。

 

スマホアプリなどを使って、利用額を制限したり、より視認しやすくする工夫は必要かもしれません。しかし、なるべく多くの決済をして欲しいクレジットカード会社が、消費を抑制するようなシステムを出してくるかは疑問ですが(笑)

 

単純に日本人は保守的なのかな

(1)も(2)も日本特有と言うわけではないですね(汗)

 

多くの人は、ずっと現金払いが慣れているので、今から変えるのが何となく気持ち悪いだけかもしれません。そのために、あれやこれやと理由をつけて、クレジットカードに移行しない部分もあるのではないでしょうか。

 

そうならば、まさにアメックスの調査通り「日本はたまたま現金払いが主流の国になった」だけなのかもしれませんね。

 

クレジットカードに超詳しい皆さん、どう思われますか!?

 

清原社長が語る「ビジネスでもカード払いが合理的」

清原社長が言うには「日本の商習慣では請求書→銀行振込が主流だが、欧米では合理化のためビジネスの世界でもクレジットカード払いが普及している」とのこと。

 

◯振込業務だと毎日バラバラにやらないといけないが、クレジットカードなら決まった日に一括で自動で落ちる

◯請求書だと、請求先の会社が1ヶ月後に支払い能力があるか判断必要だが、クレジットカードで払ってもらい決済できれば信用調査はクレジットカード会社が代わりにしてくれているようなもの

 

と言うような事例が書いてあり、大変納得しました。BtoBこそ手数料払ってでもクレジットカード払いのメリットがあるように思います。

 

ビジネス間ではないですが、日本において法人でのクレジットカード払いで大きな変化と言えば、国税のクレジットカード納付が可能になったことでしょうか。

 

 

なんと源泉所得税(通常分)までクレジットカード納付可能になりました(以前は告知分のみだった)

 

 

手数料はかかりますが、クレジットカードを正しく選べば、それ以上にポイントやマイルを貯めることができます!

 

アメックスからのアドバイス「信用履歴(クレジットヒストリー)を磨け!」

欧米では、クレジットヒストリー(クレヒス)はかなり重視されるそう。若い時からクレジットカードをしっかり使ってしっかり支払い、信用を積み重ねていくそうです。これによって住宅ローンや自動車リースが可能になるのだとか。

 

しかし、その考え方、日本ではそのまま通るのでしょうか?日本人はクレジットカード利用率がしょせん16%未満です。現金が主流の国なら、現金持ってる人が信用されるのは仕方がないことでしょう。

 

ただし、新しいクレジットカードを発行するときは、やはりそれまでのクレヒスは必須です。クレジットカード発行でポイントを貯めたい人、高ステータスカードを狙う人は、しっかりクレヒス磨いていきましょう。

  

 

クレジットカードのライバルは現金だけ

最後に、清原社長曰く「クレジットカードのライバルは現金だけ」とのこと。

 

どんな電子マネーであろうと決済インフラであろうと、またデビットカードやプリペイドカードにしても、良きパートナーだと考えています。

 

このように仰っています。

 

一度はアメックスを見限り、還元率重視のカード選びに走りかけた僕ですが・・・

 

 

今では、アメプラが欲しくなってしまったくらいにアメックスファンです(笑)

 

 

あらゆる場所で利用できるようになるのは大歓迎。

 

なお、アメックスが目指すものは「還元率よりサービス重視」とのことですが

 

 

是非ホルダーが納得できるサービスをお願いします。アメックスの未来に期待したいと思います(笑)

 

その他ニュースやコラムを見てシリーズ