車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

アメプラ持ってマリオットプラチナチャレンジした回想録(泊まったホテル、宿泊料総額、獲得したポイントを紹介)

f:id:mile-shacho:20180217184729j:plain

2月に琵琶湖マリオットにて『マリオットプラチナチャレンジ』を終えた社長です。

 

マリオットプラチナチャレンジを簡単に説明すると・・・

 

マリオットゴールドメンバーとなって、マリオットのデスクで「プラチナチャレンジお願いします」と宣言します。そして、その月+翌月からの3ヶ月の間にマリオットに9回滞在するとマリオットのプラチナメンバーになれます。これがマリオットプラチナチャレンジです。

 

※マリオットゴールドは本来は年間50泊、プラチナは年間75泊が必要

 

僕がマリオットプラチナチャレンジをすることにした理由やメリットなどを別記事に書きましたので参考にしてください。

 

 

今回は、マリオットプラチナチャレンジをして実際にマリオットのホテルに9滞在した回想録とともに、かかった費用と得られたポイントなどをまとめたいと思います。

 

 

クアラルンプールで5滞在から始まるプラチナチャレンジ

仕事でマレーシアのクアラルンプールに行くことにしました。クアラルンプールは市内に5つのマリオット系列のホテルがあり、なおかつ宿泊費が比較的安いため、プラチナチャレンジの聖地と勝手に呼んでいます(笑)

 

せっかくなので、5つのすべてのマリオット系列のホテルに泊まることにしました。

 

 

こちらの記事にホテル設備やラウンジについてすべてをまとめました。これを読めば、あなたもクアラルプールのマリオット通に!?(笑)

 

慣れない1人での海外滞在で心配していましたが、ホテルがとても良かったので、快適に過ごすことができました。部屋のアップグレードもあったし、ビジネスミーティングでホテルのラウンジを何度も利用させてもらい、マリオットゴールドの威力を大いに感じる出張でした。

 

おまけですが、クアラルンプールからの帰りのトランジットでバンコクスワンナプーム国際空港に寄った際、ラウンジ巡りしたのも楽しい思い出です。

 

 

ともにプライオリティパスがあれば利用できますが、航空会社上級会員用のラウンジだったので、非常にクオリティーの高いラウンジでした。

 

近場の名古屋マリオットに家族で泊まってゴールド特典を楽しむ

せっかくのマリオットゴールド特典、家族でも使ってみよう!と近場の『名古屋マリオットアソシアホテル』に泊まりました。(6滞在目)

 

 

部屋はもともと予約していたデラックスルームのままでしたが、高層階のリフォーム済みの部屋にしていただたようです。

 

マリオットゴールドは添い寝の子どもにも特典が適用されるらしく、家族4人全員が朝食無料&ラウンジ利用となりました!家族でホテルに泊まるときにマリオットゴールド特典を使うのは本当にお得だと思います。

  

上海出張でルネッサンスに2滞在して宿泊実績を稼ぐ

上海出張の際もマリオット系列のルネッサンスを選び、宿泊実績を稼ぎました。

 

まずは浦東で『ルネッサンス上海浦東ホテル』に宿泊!(7滞在目)

 

 

翌日、浦東から外灘側にフェリーで移動して

 

 

『ルネッサンス上海豫園ホテル』に泊まりました。(8滞在目)

 

 

ルネッサンス上海豫園ではスタジオと言う広い部屋にアップグレードされました。

 

上海もホテルの宿泊料金が比較的安いですね。ただし、料理が日本人の口に合うかどうか・・・と言う問題があるかと思います(笑)

 

帰国の際に立ち寄った空港ラウンジもちょっといまいちでした。

 

 

上海で8滞在目まで終えたので、あと1滞在で楽しかったプラチナチャレンジも終了です。

 

【おまけ】大阪マリオット都ホテルに家族で宿泊

1月に『大阪マリオット都ホテル』に家族で泊まる計画を立てました。これで9滞在目となりプラチナチャレンジも終了!と思いきや、ここで大きな問題が発生しました。

 

プラチナチャレンジを1月に終えるのと2月に終えるのでは、プラチナ期間に1年近くの差が発生する可能性が浮上したのです!!!(以下記事に詳しく説明しました)

 

 

2018年1月に泊まる大阪マリオットでプラチナチャレンジを終えると、プラチナ期間が2019年2月までになります。もし2018年2月に終えれば、プラチナ期間が2020年2月までになるとのことです。これは絶対に1月にプラチナチャレンジ終えてはいけませんよね!

 

と言うことで、1月の大阪マリオット宿泊は、妻のアカウントで予約を取ることにしました。妻のアメプラ追加カードでもマリオットゴールドになることができるんですね〜!

 

アメプラ発行直後にSPGアメックスで十分だったか!?と言う記事を書きましたが

 

 

やっぱりアメプラにして良かった(ただの結果論だけど、笑)

 

そして、大阪マリオット都ホテルの宿泊でも重大トラブル(?)を乗り越え

 

 

クラブラウンジを徹底利用させてもらい

 

 

またまたゴールド特典を家族で使い倒すと言う楽しい宿泊となりました!ジュニアスイートのビューバス最高でした。

 

コスパでKLのマリオットを超越する琵琶湖マリオットでプラチャレFinish!

アメプラパワー(?)で大阪マリオットの宿泊実績を華麗にスルーした社長(笑)。プラチャレ最後の9滞在目は『琵琶湖マリオットホテル』に会社の社員やスタッフと泊まりにいくことにしました。

 

このホテル、安い時期だとコミコミ7千円台で泊まれるのに、部屋のアップグレードで温泉付きプレミアルームにしてくれるわ、素晴らしい朝食とラウンジはあるわで、コスパはKLのマリオットを超越しています。

 

 

なお一緒に行ったノンステータスの当社スタッフもなぜだか部屋のアップグレードを受けたりして、みんなめちゃめちゃ喜んでました。

 

 

ラウンジで飲んで語り合って、社長の株も上がったか!?(笑)

 

アメプラパワーで琵琶湖マリオットに泊まるとどれだけお得なのかまとめた記事も参考にどうぞ!

 

 

マリオットプラチナチャレンジでかかった費用と獲得したポイント

ホテル費用は時期によって大きく異るので、個別の宿泊料金は省略しますが、全合計でかかった費用と得られたポイントをまとめたいと思います。

 

9滞在での宿泊費用合計は140,517円でした。またマリオットリワードポイントは合計33,702pt得ることができました。ポイントの内訳は以下です。

 

  • 宿泊料金1ドルあたり10ptもらえる基本ポイント(ゴールドメンバーだと25%up)・・・13,702pt
  • プラチナチャレンジ中開催されていたメガボーナス(1滞在2,000ptで最大5滞在まで)・・・10,000pt
  • 紹介によりマリオットリワードに登録した分・・・10,000pt

 

紹介によってマリオットリワードに登録すると最大10,000ptもらえるのでオススメですよ。

 

 

リワードポイントが30,000ptもあれば、カテゴリー6の名古屋マリオットに無料宿泊できてしまいますね。

 

さらに僕がプラチナチャレンジを始めた2017年11月当時のメガボーナスでは、マリオットホテルに2回泊まるとカテゴリー5までのホテルに無料宿泊できる特典(2017 Fall MegaBonus Free-Night Cert Category 1-5)がもらえました。日本国内にはカテゴリー6以上のマリオットホテルしかないため、海外で使う必要がありますが、海外旅行の予定がある人にはものすごくお得な特典ですよね。(僕もまだ使用しておらず、どこで使うか検討中)

 

僕のマリオットプラチナチャレンジの回想録はこんな感じです。

 

宿泊費を抑えるなら、ラフォーレからマリオットにリブランドした4つのホテル(琵琶湖、伊豆、山中湖、軽井沢)や、東京と大阪にできたモクシーを利用すると良いでしょうね。国内でもかなりお得にマリオットプラチナになれると思います。

 

僕の場合は、ホテル代だけで14万円ほどかかりましたが、どの滞在もマリオットゴールド特典により朝食無料&ラウンジ利用で楽しいホテルステイとなりました。プラチナチャレンジの楽しいところは、この「ホテルのクラブラウンジが使える」と言うところだと思います。食事が出たりアルコールが自由だったりと、とにかく楽しいんですよね(笑)

 

マリオットプラチナチャレンジを終えて、マリオットプラチナメンバーになれば、ステータスリンクで自然とSPGプラチナにもなれます。SPGプラチナになるとSPGグループでもラウンジ利用が可能になりますから、ホテルの選択肢がさらに増えますね。

 

これで家族で旅行するときも、仕事で海外行くときも、マリオット&SPGで朝食無料&ラウンジ利用可能となりました。プラチナなので以前にも増して部屋のアップグレードも期待できますよね。これから2年間、ホテルステイを大いに楽しみたいと思います。

 

以上、マリオットプラチナチャレンジの回想録でした。これから挑戦してみようと思っている方の参考になればと思います。