車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

【経営者向け】給与振込の手数料を無料にする方法!他行に何件でもOK

f:id:mile-shacho:20170511154914j:plain

経営者向けの記事です。

 

経営者の方から給与振込で手数料がかかって困っているという話をよく聞きます。僕が使っている金融機関とシステムがかなりお得なんじゃないかと思うので、紹介したいと思います。

 

なお、アフィリエイトはないので安心してください(笑)本当に自分が使ってるものを紹介します。

 

給与振込手数料でよくある問題

給与振込をする従業員の銀行口座がバラバラ

会社の銀行口座と同じ銀行&同じ支店に給与を振り込む場合は、手数料が安くなることもあります。しかし、従業員も都合がありますから、自分の好きな銀行口座に給与を振り込んで欲しいと思っています。他行への振込手数料はより高くなりますから、従業員の人数が多いと大きな経費になってしまいますね。

 

ネットバンクの手数料は無料になることもあるけど

ネットバンクでは、同じネットバンクに振り込むとき手数料無料になることもあります。しかし、社員にも同じネットバンクの口座を開いてもらわないといけません。先にも書いたように、社員はそれぞれ都合があり、自分の希望する銀行口座に給与振込をして欲しいと思っています。

 

またネットバンクは月何回までなら振込手数料無料というものもあります。しかし、従業員の人数が多ければ何十件と給与振込をする必要があるため、数件の振込が無料になるのでは意味がありません。

 

振込代行サービスはまだまだ高い

振込代行サービスと言うものがあります。調べてみると、給与振込の場合は、通常の振込より安くなることが多いようです。1件200円前後となかなかお得ですね。しかし、何十件も給与振込をしたら、やはり大きな金額になってしまいます。

 

給与振込の手数料を無料にするには信用金庫を使え!

信用金庫の給与振込サービスは超お得

僕が使っているのは信用金庫の「法人WEB-FBサービス」です。これはスゴイです。

 

なんと給与振込の手数料がどこに振り込んでも無料!

ただし月額使用料2,000円+税必要

 

つまりは、月2,000円+税払えば、どこの銀行に何件給与振込してもいいのです。なんせ振込手数料自体は無料なのですから!件数の多い会社などは大幅にコスト削減できるのではないでしょうか?

 

信用金庫ごとに手数料が違うので注意

どこの信用金庫でも「法人WEB-FBサービス」は利用できるようですが(システムの大元は同じ)、信用金庫ごとに手数料が違うようです。僕の近くのところは月額使用料のみで振込手数料は無料でしたが、1件振り込むごとに手数料がかかるところもあるようです。

 

もし近くの信用金庫のサービスが給与振込手数料無料でなかった場合、少し遠くてもいいので手数料無料の信用金庫を探し、給与振込専用として口座を開くこともよいと思います。

 

メインバンクが信用金庫ではないんだけど?

僕も売り上げは別の銀行口座に集まるようにしてあります。そこから給与の分を信用金庫に振り込んで、信用金庫から給与振込をしています。メインバンクから一度信用金庫に振り込む際に手数料がかかりますが、それでもトータルで見たら安いと思います。

 

全銀フォーマットやCSVの一括登録も可能

信用金庫の「法人WEB-FBサービス」は全銀フォーマットやCSVでの一括登録も可能です。僕も給与計算ソフトから出力したデータを読み込ませて一発完了しています。ただし、給与計算ソフトの出力形式によっては、うまく読み込めないこともあるので、その場合は、担当部署に問い合わせれば相談に乗ってくれます。僕も相談してデータを直してもらい一括登録できるようになりました。

 

なお振込設定は3営業日前まで、資金は2営業日前までに口座にあればOKです。

 

どうでしたか?今回は月額2,000円で何件でも給与振込手数料が無料になる方法の紹介でした。給与振込手数料を安くしたい経営者のみなさま、参考にしてください。

 

関連記事

給与振込の手数料を抑えた賢い社長のみなさま、税金支払いでマイルも貯めましょう!

ふるさと納税で楽天ポイント大量ゲット