車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

税金が高い!利益圧縮で節税するならアメックスビジネスプラチナカード発行はいかが?

f:id:mile-shacho:20171116095403j:plain

「税金が高い!合法的に利益圧縮して税金を少しでも下げたい」

 

こんなことを考える経営者の方は多いでしょう。

 

そんな方は『アメックスビジネスプラチナカード』の取得を検討されてはどうでしょう?年会費13万円(税抜)と高額ですが、ビジネスカードなので全額経費にできます

 

アメックスビジネスプラチナカードは、使い方によっては年会費以上の価値が見出せますから、経営者の投資案件としても十二分に魅力のあるカードだと思います。

 

僕自身もそのように判断し、アメックスビジネスプラチナカードを取得しました。会社の利益が出ていて、なおかつ意味のあるものに経費を使いたいとお考えの経営者の方は、この記事を参考にしてください。

 

 

13万円を経費に出来て、なおかつそれ以上の価値が得られるアメックスビジネスプラチナカード

アメックスビジネスプラチナカードは年会費13万円(税抜)ですが、それ以上の価値があるカードです。以下が代表的な特典となります。

 

  • FHR・・・リッツ・カールトンなどの超高級ホテル優待サービス
  • ダイニング・アクセス・・・高級レストラン2名以上利用で1名分無料
  • プラチナ・デスク・・・コンシェルジェサービス
  • ホテル・メンバーシップ・プログラム・・・SPG(&マリオット)やヒルトンのゴールド会員資格が得られる
  • プライオリティパス・・・同伴者1名まで空港VIPラウンジ利用可能
  • フリーステイギフト・・・ヒルトンなどの高級ホテル無料宿泊券

 

FHRを1回使えば、部屋のアップグレードとレストラン等で使える100ドルクーポンで20,000円は得するでしょう。ダイニング・アクセスも1人分無料になれば10,000円ほどの得。フリーステイギフトも最低でも15,000円程度の宿泊代にはなります。

 

ホテルメンバーシッププログラムの特典やプライオリティパスを使うだけでも十分に元が取れると思います。ぜひ以下の記事も参考にしてください。

 

 

アメックスビジネスプラチナカードは追加カードを社員に発行でき、その追加カードにも基本会員とほぼ同じ特典がつきます。社員までホテルの上級会員になって、プライオリティパスで空港のVIPラウンジが利用できるなんて、強力すぎですよね。社員のモチベーションアップは、会社にとって計り知れないプラスになります。

 

またコンシェルジェサービスも大変頼りになります。

 

 

もちろんカード利用すればポイントが貯まります。100円利用で1ポイント、これはそのままANAマイルに交換できます(年間8万マイルまでの上限あり)。法人カードとしてはこの還元率は合格点です。ポイント制度自体はダイナースプレミアムの方が優秀ですが、特典を考えるとアメックスビジネスプラチナカードに軍配が上がると僕は考えました。

 

 

特典満載のアメックスビジネスプラチナカード、節税を考えるレベルに利益を出している経営者の方なら、年会費13万円以上の価値を十分に引き出すことができるでしょう。

 

アメックスビジネスプラチナカードはすぐには手に入らない?

アメックスビジネスプラチナカードはアメックスビジネスゴールドカードを使い続けてインビテーションをもらうことで申し込むことができます。インビテーションは1年で来ることもあれば、何年経っても来ないことも・・・。

 

つまり「今利益が出てるし発行して経費として落として・・・」と考えても、すぐには手に入らないと言うわけです。

 

しかし、安心してください。インビテーションを待たずに手に入れる方法があります。アメックスプラチナホルダーからの紹介です。ホルダーからの紹介で申し込めばだいたい3週間ほどで手に入れることができます。

 

 

アメックスビジネスプラチナカードの紹介が可能です

僕はアメックスビジネスプラチナカードのホルダーですので、このブログからアメックスビジネスプラチナカードの紹介が可能です。(紹介による新規入会キャンペーンもあり!)

 

アメックスビジネスプラチナカードを検討される方は、こちらからメッセージでご相談ください。以下記事も参考にしてください。

 

 

実を言うと、ブログを通してアメプラを紹介させていただいた方とメールのやり取りをしていたとき「ちょっと利益も出てるので・・・」なんてお話を伺って、この記事を思い立ちました(笑)確かにアメプラは年会費が13万円もしますので、利益圧縮にはもってこいですよね。

 

ステータスもさることながら、僕が気に入っているのはその特典の実利です。ビジネスカードの本来の役割は「かけた年会費以上に経営者本人と社員が得をすること」だと思います。

 

13万円の利益圧縮をして節税し、それ以上の価値を享受できるアメックスビジネスプラチナカード。出来る経営者の方に、大変オススメのビジネスカードです。