車好き社長のマイル戦略

車にしか興味がなかった社長が、突然、飛行機にも興味を持った!?法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。陸マイル活動開始時点で、なぜか25万マイル以上所有。最寄り空港はセントレア。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

【車のダッシュボードを傷つけずにスマホ固定】車載ホルダーの紹介

f:id:mile-shacho:20170314130734j:plain

どうも車好きな社長です。写真のボカシは怪しい映像をボカシているわけではありませんので悪しからず(笑)紹介する商品をお楽しみとしてボカシております。

 

スマホをナビとして使う人も増えましたが、車好きには必ず(!)直面する問題があります。

 

「車載ホルダー固定のために内装に穴も開けたくないし、両面テープ的なものも極力貼りたくない!」

 

という切実な願い。傷つけたくないし、汚したくもないわけです。

 

車載ホルダーをダッシュボードにそのまま固定しようとしても吸盤がくっつかないので、吸盤を固定するためのプレート的なものをダッシュボードに貼り付けないと固定できません。プレートを固定するときにダッシュボードに穴を開けたり、両面テープ的なものが必要だったりします。

 

またフロントガラスに吸盤で固定すれば内装に傷はつきませんが、車載ホルダーは保安基準でガラス面に取り付け許可が明記されているわけではないので、つけていていいのかどうかがはっきりしません。

 

しかし、これらを解決できる車載ホルダーを発見+装着しましたので、紹介したいと思います。

 

ダッシュボードを傷つけない、汚さない、なおかつ安定感抜群の車載ホルダー紹介

ズバリ、僕が使っている車載ホルダーはこれです。

f:id:mile-shacho:20170521090711p:plain

この車載ホルダー、下面に両面テープを貼ってダッシュボードと固定するのですが、口コミでは、この両面テープが直射日光の熱で溶けてくるなどの報告もあったので、両面テープはちょっと使いたくないな、と。

 

そこで両面テープは貼らず、ダッシュボードとガラス面の間に挟んで固定することにしました。

 

神経質な僕には加工が必要でした

このまま使ってもいいのですが、この車載ホルダーは、外側の素材がそれなりに硬いので、ダッシュボードとの擦り合わせで傷つかないか気になります。ダッシュボードをさらに保護すべく加工することにしました。

 

こんな感じの滑り止めシートを百均で買ってきて

f:id:mile-shacho:20170314131813j:plain

ハサミで切って車載ホルダーの周りに両面テープで貼り付けました。

f:id:mile-shacho:20170314131912j:plain

 

clausius車載ホルダーを実際に車に固定してみました

f:id:mile-shacho:20170314132049j:plain

こんな感じです。

滑り止めシートは文字通り滑り止めの機能も果たしました。 フロントガラスとダッシュボードの間でしっかり挟まって安定しています。下面に両面テープは不要です。ナビに写っているのは「セントレア」。一応マイル戦略ブログなので(笑)でも、マイラーの方達はここまで読み進めてくれてないかも(爆)

 

視認性もヨシ!

 

この状態で遠出してみましたが、安定感がすごい。この車、足回りはそれなりに硬いので、道によっては跳ねますが、この車載ホルダーは全くズリ落ちて来ません。

 

車載ホルダーって完全に固定してしまうと、スマホを付けたり外したりがやりにくいんですが、これはホルダーごと取れますからスマホの取り付けが楽。使わないときは、車載ホルダー自体もしまっておけます。

 

僕が買ったものは以下のClausiusと言うメーカー。1,000円程度とお値打ちです。(金額は時期により変わると思うので、以下リンクで確認ください)

 

 

以下の「Spigen」が本家本元の気もしますが(Spigenの方が前から売っていた気がするので) 

 

 

Speigeの方が3倍ほどのお値段。

 

僕の場合は「Clausius」の安さに惹かれ、そちらの車載ホルダーにしました(笑)本当にオススメの車載ホルダーです。

 

と言うことで、今回は、ダッシュボードを傷つけたくない人向け車載ホルダーの紹介でした。

 

合わせて読みたい