車好き社長のマイル戦略

名古屋で会社を経営する社長です。貯まっていたポイントをお得に使う方法を探していてマイルに交換することを知りました。法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

アメックスプラチナが申し込み制に(2019年4月5日から)ビジネスは?一番お得に申し込む方法も解説

f:id:mile-shacho:20190405165343j:plain

アメックスビジネスプラチナホルダーのマイル社長です。

 

本日(2019年4月5日)よりアメックス公式サイトでアメックスプラチナカードの申し込みが可能になったとの情報が舞い込んで来ました!

 

もうこれは自称アメックスプラチカード特典紹介の第一人者である(?)マイル社長が解説するしかないだろうと意を決して、このブログを書いています(笑)

 

  • アメックスプラチナカードは本当にインビテーション制ではなく申し込み制になったのか?
  • どこから申し込めば一番お得(一番入会ポイントが多いなど)なのか?
  • アメックスビジネスプラチナカードは申し込みできるのか?

 

などなど、現状を説明していきます。

 

 

アメックスプラチナカード(個人)は申し込み制になった?

実は、2019年1月にアメックスプラチナカードが申し込み制になったかどうかの記事を書いています。

 

 

このときも、問い合わせ先の電話でプッシュすれば実質申し込むことが可能と説明しました。

 

それが現在アメックス公式サイトを見てみると・・・

 

f:id:mile-shacho:20190405165456p:plain

 

なんと『お申し込みはこちら』の文字が!もうまどろっこしいことなしに、普通にアメックス公式サイトからアメックスプラチナカードの申し込みが出来るようになっています。

 

アメックスプラチナを公式サイトから申し込んだときの入会キャンペーンは?

公式サイトからの申し込みも入会のキャンペーンがあります。

 

  • 入会後3ヶ月以内に合計50万円の利用で20,000pt
  • 入会後3ヶ月以内に合計100万円の利用でさらに20,000pt

 

合計4万ポイントのキャペーンのようですね。キャンペーン達成時に100万円利用している分の1万ポイントを足すと最大5万ポイントになります。

 

ところで、アメックスプラチナホルダーはアメックスプラチナカードを紹介できます。実はホルダー紹介でも入会のキャペーンがあるのですね。公式サイトのキャンペーンと比較のために紹介します。

 

  • 入会で20,000ポイント
  • 入会後3ヶ月以内に50万円利用で20,000pt
  • 入会後3ヶ月以内に100万円利用で+20,000pt

 

入会で20,000ポイントもらえる分、ホルダー紹介からの申し込みの方が多くのポイントが得られます。最大6万ポイントです。100万円利用分の1万ポイントも足すと7万ポイントになりますね。

 

【超重要】アメックスプラチナカードを公式から申し込むときの注意点

アメックスプラチナカードを公式サイトから申し込むページをよく見てみると、ページ下の方に【ご入会特典に関するご利用条件】と言うものが明記されています。読んでみると、以下のような説明があります。

 

■対象外
以下の場合は本特典対象外とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
• 家族カードのみお申し込みの方
• アメリカン・エキスプレスのカードを既にお持ちの方
• 既にお持ちのアメリカン・エキスプレスのカードから切り替える方
• 過去にアメリカン・エキスプレスのカードをお持ちで再入会される方

 

公式サイトからの申し込みでも特典の対象外になってしまう人がいるんですね。特に2つ目の「アメリカン・エキスプレスのカードを既にお持ちの方」と言うのがわかりにくいと思いますが、これは「同種のカードを持っている」と言う意味です。別の種類ならOKなので、例えばアメックスビジネスゴールドカードを持っている人が、個人のアメックスプラチナカードを申し込むことは可能です。(個人カードを持っている人が個人のプラチナを申し込むことが特典不可と言う意味です)

 

また「過去にアメリカン・エキスプレスのカードをお持ちで再入会される方」も同じ意味で、過去に個人アメックスカードを持っていたことのある人は、個人アメックスプラチナカードの申し込みは特典対象外ですよ、と言う意味になります。

 

まとめると、公式サイトからのアメックスプラチナカードの申し込みは「現在、個人のアメックスカードを持っている人、過去に個人のアメックスカード持っていた人は、入会特典対象外」と言うことになります。注意して下さい。

 

アメックス『ビジネス』プラチナは申し込み制になったのか?

個人のアメックスプラチナカードはアメックス公式サイトから申し込みが可能となりました(ホルダー紹介の方がキャンペーンはお得ですが)。

 

それでは、アメックス『ビジネス』プラチナカードは申し込み制になったのでしょうか?

 

公式サイトをみる限り、今のところアメックスビジネスプラチナは直接申し込みが出来ないようですね。

 

今後の動きについて、僕がなんとなく知っている範囲の話を説明しますと・・・おっと、まだ何も書かないでおきましょう(爆)

 

正式に何か発表ありましたらまたお知らせしますね(笑)

 

2019.04.08追記:アメックスビジネスプラチナも公式サイトから申し込み可能となりました。しかし、ちょっと中途半端な感じで、現在は以下のようになっています。

 

 

アメックスプラチナカード(個人もビジネスも)を一番お得に申し込むには?

2019年4月5日の時点では、個人のアメックスプラチナカードは公式サイトから申し込み可能になりました。しかし、入会キャンペーンはプラチナホルダーから紹介を受けた方が多くのポイントが得られます。

 

またアメックスビジネスプラチナカードについては、まだ公式サイトから申し込みが出来ません。アメックスビジネスゴールドカードを利用して実績を積みインビテーションを待つか、ビジネスプラチナホルダーからの紹介を検討しましょう。

 

いずれにせよ、個人もビジネスもアメックスプラチナカードは、現状はプラチナホルダーからの紹介が一番お得に発行できますね。

 

これからアメックスプラチナカードを発行したいと思っている人は、お知り合いのプラチナホルダーに相談してみて下さい。

 

知り合いにプラチナホルダーがいないと言う場合は、以下の記事をご覧下さい。相談にのれるかと思います。

 

(これからアメックスプラチナカードを発行希望の方で、すでにアメックスゴールドを持ってしまっている、または過去に持っていたと言う方もご相談いただけます)

 

アメックスはプラチナカードを開放してどこに向かうのでしょうか?

 

いくら申し込み制になっても、年会費が約14万円もするカードなので、見栄だけで発行することは得策ではありません。実際に様々特典を使うことを想像してから発行されることをオススメします。

 

ただし僕自身は特典を日々使っていて、本当に年会費以上のメリットを得ているので、同じように利用できる人がまだまだ多くいるのではないかと感じています。このブログで実際の特典利用を見てもらって判断してもらうのも良いと思います。

 

 

以上、アメックスプラチナカード申し込み制に変更についてのまとめでした。