車好き社長のマイル戦略

名古屋で会社を経営する社長です。貯まっていたポイントをお得に使う方法を探していてマイルに交換することを知りました。法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

ブセナテラス『クラブラウンジ』でリゾートステイを堪能!中の様子やメニューを体験レビュー

f:id:mile-shacho:20181229201946j:plain

11月に沖縄の『ザ・ブセナテラス』に家族4人で宿泊しました。

 

1日目は普通の部屋でしたが、2日目はクラブラウンジが使える『クラブフロア デラックスエレガンス』と言う部屋に泊まりました。

 

ホテルのラウンジって、限られた人だけが利用していて、落ち着いていて、すごく好きなんですよね。ホテル内にあって、すぐに部屋に戻れるのも楽なんですよね。

 

今回はブセナテラスのクラブラウンジの紹介をしていきたいと思います。

 

 

ブセナテラス『クラブラウンジ』内の様子とサービススケジュール

まずはブセナテラス『クラブラウンジ』の中の様子を紹介します。

 

白を基調とした気品あるデザイン

f:id:mile-shacho:20181229201950j:plain

 

こちらの席を何度か利用させてもらいました。

f:id:mile-shacho:20181229201955j:plain

 

クラブラウンジからも海が見えます。

f:id:mile-shacho:20181229202001j:plain

どこにいても綺麗な海を感じられるのがブセナテラスの魅力ですね。

 

ブセナテラスのクラブラウンジ のサービススケジュールは以下となっています。

 

  • 7:00 ~ 10:00 コンチネンタルブレックファスト
  • 14:00 ~ 16:00 ティータイム
  • 18:00 ~ 20:00 カクテルタイム

 

それでは利用した順に紹介していきますね。

 

ブセナテラス『クラブラウンジ』ティータイム(14:00~16:00)

ブセナテラスに泊まって2日目のお昼にクラブフロアへ部屋移動したので、そのタイミングでまずはティータイムからお邪魔しました。

 

おいしそうなスイーツが提供されます。

f:id:mile-shacho:20181229202007j:plain

 

フルーツもありますね!

f:id:mile-shacho:20181229202013j:plain

 

クラッカーやパンも

f:id:mile-shacho:20181229202019j:plain

 

ケーキは種類豊富でした。

f:id:mile-shacho:20181229202024j:plain

f:id:mile-shacho:20181229202030j:plain

 

このような感じでいただきます。

f:id:mile-shacho:20181229202036j:plain

子ども達は大喜びですね(笑)

 

親切なスタッフの方が絶えず気にかけてくれます。子ども達にも優しく接してもらって、居心地の良いラウンジです。

 

ブセナテラス『クラブラウンジ』カクテルタイム(18:00~20:00)

ティータイムの後はプールなどで遊んでいました。夜になったので、カクテルタイムにお邪魔することに。子ども達も利用可能です。

 

おつまみ系

f:id:mile-shacho:20181229202109j:plain

f:id:mile-shacho:20181229202119j:plain上品ですね。

 

フルーツ

f:id:mile-shacho:20181229202125j:plain

 

常備されているアルコールはこんな感じです。

f:id:mile-shacho:20181229202131j:plain

詳しくないので説明できませんが、詳しい人は参考にして下さい(笑)

 

沖縄と言えば、泡盛!と言うことでお願いしました。

f:id:mile-shacho:20181229202142j:plain

後から調べて知ったのですが、沖縄では泡盛を水割りで飲むのが普通らしいですね。知らずにロックと頼んでしまいました。だから水も自動でセットだったのですね(笑)

 

カクテルも注文すれば作ってくれます。

f:id:mile-shacho:20181229202148j:plain

「沖縄ぽいカクテル」と言う無茶振りに笑顔で答えてもらいました。カクテルの名前は忘れてしまいました。酔っていたのかな(笑)

 

カクテルタイムのフードは充実していません。食事としては考えない方がいいでしょう。ただし、朝からレストランで十分に食事をしたり、お昼も観光で色々食べたりして、夜はちょっとしたものとアルコールで・・・と言うことなら、こちらで十分です。

 

あとは、ぜひ泡盛飲んで下さい(笑)

 

ブセナテラス『クラブラウンジ』コンチネンタルブレックファスト(7:00~10:00)

泡盛で酔っ払って部屋に戻りぐっすり眠りました。朝起きて朝食です。ただし、朝食はレストランでとったので、クラブラウンジでは食べていません。

 

レストランで朝食をとった後、チェックアウトでクラブラウンジにやってきました。ちょうどその時、まだブレックファスト時間だったので、写真だけ撮らせてもらいました。

 

こちらがクラブラウンジの朝食です。

f:id:mile-shacho:20181229202153j:plain

f:id:mile-shacho:20181229202203j:plain

f:id:mile-shacho:20181229202210j:plain

品数はレストラン「ラ・ティーダ」のブッフェが圧勝(笑)

 

どうしても人が多いのが嫌だと言う人はクラブラウンジの朝食も良いでしょうが、基本的にはレストランブッフェがオススメですね。

  

なお、ブセナテラスのレストラン朝食については以下の記事をご覧下さい。

 

 

ブセナテラス『クラブラウンジ』まとめ

泊まる部屋をクラブフロアにすると料金が高くなります。行く日の料金によってその差額は変動しますが、僕の場合は、まずアメックスポイントのお得なキャンペーンで『デラックスナチュラル オーシャンビュー』と言う部屋を2日間予約しました。そこから2日目だけ有償アップグレードで『クラブフロア デラックスエレガンス』に変更しました。部屋の紹介は別記事で詳しくしていますのでご覧下さい。

 

 

クラブフロアへのアップグレードに必要な料金は1部屋1泊17,280円でした。我が家は2部屋利用でしたので2倍の34,560円かかりました。飛行機代もマイルだったし、ホテル宿泊もポイントだったので、ここだけお金を使った感じですね(笑)

 

せっかくのリゾートホテルなら、滞在中ホテルから出ずに(出たとしても目の前の海までにして)、ゆっくりリラックスして楽しみたいですね。

 

そんなときはクラブラウンジが利用できるクラブフロア宿泊がオススメ。

 

ティータイム、カクテルタイム、朝食の間は料理が提供されますが、それ以外の時間に利用してもドリンクサービスは受けられます。海行ったりプール行ったりして、その間にラウンジに寄ったりして休憩すれば、お値段以上の価値を感じられるでしょう。

 

これからブセナテラスのクラブフロアを考えている人は参考にして下さいね。

 

【ブセナテラスに無料で泊まろう!(2019年度も継続決定!)】