車好き社長のマイル戦略

名古屋で会社を経営する社長です。貯まっていたポイントをお得に使う方法を探していてマイルに交換することを知りました。法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

ヒルトン成田宿泊記・家族利用にはゴールド特典がお得すぎる!アメプラパワーで朝食無料・部屋のアップグレード?

f:id:mile-shacho:20190616121542j:plain

2019年のGWに東京に遊びに行った際、成田空港経由で名古屋に帰って来たので『ヒルトン成田』に泊まってみました。

 

「なんで羽田じゃないの?」と言うことなんですが、ギリギリに特典航空券を取ろうとしたら羽田はなくて成田しかなかったと…(汗)名古屋にいると成田はあまり行く機会もないし、まぁいいかと成田まで行ってみました。

 

僕は普段はマリオット系列のホテルに泊まっていますが、成田空港の近くにはマリオット系列のホテルがありません!しかし心配不要。僕の持っているアメックスプラチナならヒルトンゴールドの特典もついているのです。ヒルトンゴールドの代表的な特典は以下となります。

 

  • 朝食無料
  • 部屋のアップグレード(エグゼクティブフロアにアップされたらラウンジ利用も可)
  • 1人予約でも2人目の料金無料
  • レイトチェックアウト(時間はホテルと要相談)

 

ということで、今回は、ヒルトンゴールドの特典を使ったヒルトン成田の宿泊レビューです。

 

 

ヒルトン成田へのアクセス

成田空港からなら無料のシャトルバスが出ています。15分くらいで空港からホテルまで行けるようですね(バスの出発時間は変更等があるかもしれないのでホテルに直接確認してください)。 僕らは東京からの帰りで利用したので、東京駅の方面からヒルトン成田へ行く必要がありました。調べてみると、東京駅や銀座駅から成田空港近辺のホテルに行くバスがあるようです。それが『THEアクセス成田』です。

 

accessnarita.jp

 

こちらのバス会社の「銀座駅・東京駅 → 成田空港近隣ホテル行き」と言うコースならヒルトン成田まで直接送り届けてくれますよ。空港発のバスは予約できませんが、東京駅&銀座駅発の便は事前予約できるのでしておいた方が良いでしょう。東京駅からは約1時間10分かかりますが、一度乗ればホテル前まで行けるので楽チンですね。

 

ヒルトン成田にチェックイン

バスでヒルトン成田にやってきました!

 

ゴールド会員やダイヤモンド会員用の優先チェックインもあります。

f:id:mile-shacho:20190616121559j:plain

レセプションは空いていたので、特に活躍はしませんでしたが(笑)

 

ロビーはこのような感じで

f:id:mile-shacho:20190616121548j:plain

到着は夜だったので、この写真は翌朝撮ったものです。ヒルトン成田は円柱のような形で真ん中がくり抜かれたようになっているんですね?

 

ヒルトン成田・部屋の紹介(ゴールド会員のアップグレードは?)

ヒルトンゴールドの特典には部屋のアップグレードがあります。ヒルトンの場合、エグゼクティブルームにアップされるとラウンジが使えます。ヒルトン名古屋に泊まった際に、実際に利用させてもらいました。

 

 

ヒルトン成田にはもともとエグゼクティブラウンジがないので、この話は関係ないのですけどね(笑)

 

さて、今回のヒルトン成田では部屋のアップグレードがあったのでしょうか?部屋の種類を紹介しつつ発表したいと思います。

 

  • ヒルトンルーム・クイーンorツイン(25㎡)
  • デラックスルーム・ツイン(35㎡)
  • デラックプラススルーム・クイーンorツイン(35㎡)予約した部屋&宿泊した部屋
  • ジュニアスイート・キングorツイン(50㎡)
  • スイートルーム・キングorツイン(70㎡)
  • ロイヤルスイート・キング(105㎡)

 

今回予約していたのはデラックスプラスルームのツインです。そしてアサインされたのも同じ部屋でした。実は、ヒルトンゴールドが受ける部屋のアップグレードにはスイートが含まれません。ですから、デラックスプラスルームより上はアップされない規約なのです。

 

我が家はエキストラベッドを入れましたが、エキストラベッドを入れるにはデラックスルーム以上の部屋が条件でした。デラックスとデラックスプラスの金額差があまりなかったので最初からプラスを予約していたというわけです。

 

またヒルトンゴールドの特典を使って2人目宿泊無料になりました。その日の料金プランによって差はまちまちだと思いますが、2人宿泊にすると1人で泊まるより3,000円くらいは高くなるのではないでしょうか?(部屋によってはもっと高くなるでしょう。またホテルによっては1人でも2人でも同じ料金の場合があるので注意です。)その差額分が無料になります。

 

(※ヒルトンの無料会員「ヒルトン・オナーズ会員」でも2人目無料の特典が得られるので、ヒルトンに泊まる人は公式サイトから申し込んでおくとよいでしょう!)

 

1人で予約しておいてから、ホテルに電話かメールで「ゴールド特典で2人宿泊にしてください」と伝えればOKです。我が家はそのときついでにエキストラベッド(5,000円)もお願いしておきました。

 

それでは、ヒルトン成田の「デラックスプラスツイン」のお部屋紹介です。 

f:id:mile-shacho:20190616121603j:plain

 

水回り、非常にシンプル、ビジネスホテルを少し良くした感じ。

f:id:mile-shacho:20190616121620j:plain

アメニティーは髭剃りなんかもしっかり揃ってます。

 

クローゼット

f:id:mile-shacho:20190616121627j:plain

添い寝の子のスリッパが用意されておらず電話でお願いしました。

 

部屋の中に入ってみましょう。

f:id:mile-shacho:20190616121631j:plain

丸いテーブルとチェアは、エキストラベッドを入れたからこの位置に移動したのかも。

 

ベッドサイズは120cm、セミダブルですね。

f:id:mile-shacho:20190616121640j:plain

浴衣のようなパジャマあり。

 

テレビ台と一体になっているデスク

f:id:mile-shacho:20190616121645j:plain

 

デスクの傍に無料のコーヒー紅茶などなど

f:id:mile-shacho:20190616121650j:plain

 

冷蔵庫は空っぽでした。

f:id:mile-shacho:20190616121658j:plain

ヒルトン成田にはホテル内にコンビニがありますから、そちらで何か買って来て入れておいても良いでしょうね。

 

壁に謎の文字・・・!?

f:id:mile-shacho:20190616121703j:plain

 

ヒルトン成田のお部屋はやや古い印象ですが、清潔に保たれています。エアポートホテルなのでシティにあるヒルトンをイメージして泊まると、がっかりするかもしれません。あくまでも飛行機の時間調整で泊まるホテルであることお忘れなく。

 

ヒルトン成田のジム(ヘルスクラブ)とプール紹介

ヒルトン成田のジム(ヘルスクラブ)を利用しました。ここにはプールと大浴場もあるので、お風呂も兼ねて利用しました。

 

ヘルスクラブは地下1階にあります。

f:id:mile-shacho:20190616121921j:plain

 

マシーンのところだけ写しましたが、何も置いてないスペースとかあって非常に広いです。

f:id:mile-shacho:20190616121927j:plain

 

ダンベルがありました。

f:id:mile-shacho:20190616121931j:plain

ダンベルは20kgまでしかないので、高重量はマシーンを使いましょう。

 

ジムは広いのですがあまり新しさはないですね。実はこの日は東京で歩き疲れていて、プールまで行く気力が湧かずに、ジムの後、大浴場に行ってしまいました(笑)プールは25mのものがあるようなので、体を動かすには十分な設備のあるホテルです。

 

ヒルトンゴールド特典で『無料1ドリンクチケット』

ヒルトンゴールドには無料1ドリンクチケットがもらえます。エキストラベッドの子の分も含めて3枚もらいました。(添い寝の子は宿泊料がかかってないので、チケットはもらえない模様)

f:id:mile-shacho:20190616121936j:plain

テラスレストラン、テラスバー、中国料理梅園、日本料理松風でビールかワインかソフトドリンクがいただけるようです。

 

せっかくならと、一番雰囲気が良さそうな「テラスバー」

f:id:mile-shacho:20190616121944j:plain

 

「ヒルトン成田はラウンジないし、ここでビールでも飲むか!」と一瞬考えましたが、お疲れのため烏龍茶に。

f:id:mile-shacho:20190616121954j:plain

枝豆とポップコーンがサービスでついてきました。バーが無料で利用できるのは嬉しい特典ですね。

 

ヒルトンゴールドの特典で朝食無料!(家族全員)

翌朝起きて朝食です。ヒルトンゴールドは朝食が無料になりますが、同室の家族全員を無料にしてくれます。我が家はエキストラベッドの子も添い寝の子も無料で朝食をいただくことができました。(だから部屋の予約は朝食なしプランでOKです)

 

朝食会場は1階の「レストランテラス」

f:id:mile-shacho:20190616122100j:plain

写真の通り若干の行列ができるほど多くの人が利用していましたが、かなり広いレストランなので、すぐに案内されます。

 

お席にはしっかりと「あなたはゴールドメンバーですよ」のお印が!

f:id:mile-shacho:20190616122106j:plain

 

それでは料理を紹介していきます。

 

温かい料理など

f:id:mile-shacho:20190616122110j:plain

エッグステーションではオムレツを作ってくれます(写真右下)。

 

パンやシリアル

f:id:mile-shacho:20190616122120j:plain

外国の人がパンを焼き過ぎて、パン焼き器から出火していました…(これはマジ)

 

和食とか中華とか

f:id:mile-shacho:20190616122125j:plain

成田空港近くのホテルと言うことで国際色豊かな料理にしているんですね。

 

サラダ、チーズ、フルーツなど

f:id:mile-shacho:20190616122131j:plain

 

ドリンクです。青汁?

f:id:mile-shacho:20190616122138j:plain

 

もちろん紅茶やコーヒーもありますよ。

f:id:mile-shacho:20190616122144j:plain

f:id:mile-shacho:20190616122149j:plain

 

これらが無料でいただけてありがたい!

 

ヒルトン成田宿泊記まとめ

今回は家族4人でヒルトン成田に泊まりました。ヒルトンゴールドの特典のおかげで、以下のようなサービスを受けられました。

 

  • 2人目無料だからお得料金で泊まれた
  • 無料1ドリンクチケットをもらえた
  • 家族全員の朝食が無料になったcho

(午前中のフライトがあったので、レイトチェックアウトはリクエストしませんでした)

 

ヒルトンゴールドになるためには、ヒルトンに20滞在or40泊する必要があります。僕はアメックスプラチナカードに付帯するヒルトンゴールドの特典を使いました。ただアメックスプラチナは年会費が13万円(税別)もするので、ヒルトンゴールドだけが目的なら、以下の『ヒルトン・オナーズVISAカード』が良いですよ。

 

www.smbc-card.com

 

WEB明細サービスとマイ・ペイすリボへの登録+利用を設定するだけで年会費たったの7,470円です。(元の年会費は13,950円(税込)、また初年度はWEB明細サービスの割引が適用されないので8,560円)

 

またヒルトン以外のホテルの上級会員にもなって色々泊まってみたいとか、プライオリティパスで空港ラウンジも使いたいなど、さらにグレードアップした旅行を希望されるならアメックスプラチナが一押しです。

 

 

以上、ヒルトン成田の宿泊記でした。ヒルトンゴールドはクレジットカード1枚で取得できる割にはかなり優遇されたベネフィットがあります。ヒルトンゴールドになってヒルトンに泊まると本当に楽しい滞在ができると思いますよ。参考にしてくださいね。