車好き社長のマイル戦略

名古屋で会社を経営する社長です。貯まっていたポイントをお得に使う方法を探していてマイルに交換することを知りました。法人カードと個人カードを上手く組み合わせて、マイルを貯めていく方法を説明しています。アメックスプラチナのお得な使い方を探求しています。

【和の趣が素晴らしい】ザ・プリンスさくらタワー東京宿泊記!オートグラフコレクション(部屋のアップグレード、ジムの紹介)

f:id:mile-shacho:20180909195659j:plain

7月に『ザ・プリンスさくらタワー東京』に宿泊した社長です。

 

このときは、マリオットとSPGの会員制度が統合する前でしたので、僕はプラチナチャレンジからのマリオットプラチナメンバーでした。当時のプラチナメンバーは部屋のアップグレード、ラウンジ利用可能、レイトチェックアウトなどの特典がついていました。

 

統合した後のステータスによる特典は以下を参考にしてください。

 

 

さて、プラチナメンバーはどのようなお部屋にアサインされたのでしょうか?アップグレードはあったのでしょうか?

 

 

マリオット・オートグラフコレクションとは!?

ザ・プリンスさくらタワー東京は、オートグラフコレクションと言うブランドにカテゴライズされています。これは、マリオットが世界中からセレクトした高級ホテルで構成された特別なブランドとなります。もともと特徴ある独立系のホテルがマリオットグループに後から加盟する感じでしょうかね。

 

このため、オートグラフコレクションでは、それぞれのホテルが際立った個性を持っています。

 

僕はクラランプールのマリオット系列のホテルをすべて回りましたが、そのうちの2つはオートグラフコレクションでした。

 

 

確かに他のマリオットとは違う、そのホテル独自の雰囲気と言うものがありました。

 

ザ・プリンスさくらタワー東京もきっと他とは違う何かを持っているんだろうなと期待しつつ、ホテルに向かいます。

  

ザ・プリンスさくらタワー東京にチェックイン

ザ・プリンスさくらタワー東京は品川駅の近くです。バスも出ていますが、歩いて3~5分なので、僕は歩きで向かいました。(用事で何度か駅に行ったりホテル戻ったりしましたが、すべて徒歩でした)

 

品川駅の高輪口から出てさくら坂を登って行くとホテルが見えてきます。

f:id:mile-shacho:20180909195704j:plain

 

ホテルの門

f:id:mile-shacho:20180909195708j:plain

 

ホテル入り口までやってきました。

f:id:mile-shacho:20180909195712j:plain

 

ロビーです(特徴ありますよね)

f:id:mile-shacho:20180909195719j:plain

 

チェックインです。僕は当時マリオットプラチナメンバーだったので、アップグレードの可能性があります。果たしてどんなお部屋になったのでしょうか?

 

  • デラックス(46㎡)予約した部屋
  • デラックスコーナー(40㎡)
  • サウスサイドデラックス(46㎡)宿泊した部屋
  • タワーサイドデラックスコーナー(40㎡)
  • タワーサイドデラックス(46㎡)
  • プレミアコーナー(53㎡)
  • サウスサイドプレミアコーナー(53㎡)
  • さくらスイート(86㎡)

 

※料金順に並べてみました。ほぼどこの部屋もキングとツインが選べます。たまにベッドがエアウェーブになっている部屋もあります。 

 

一番ベーシックなデラックスルームを予約していましたが、サウスサイドデラックスルームにアサインされました。ザ・プリンスさくらタワー東京はアップグレードがあまりされない!?と言う話は聞いていましたが、少しは上げていただいたようですね!

 

ザ・プリンスさくらタワー東京のお部屋紹介

それでは宿泊したサウスサイドデラックスルームに向かいます。

 

エレベーターを上がったところがこんな感じ。11階でした。

f:id:mile-shacho:20180909195727j:plain

 

廊下も何か雰囲気がありますよね。

f:id:mile-shacho:20180909195731j:plain

 

部屋に入りました。

f:id:mile-shacho:20180909195734j:plain

 

入ってすぐ右にトレイです。

f:id:mile-shacho:20180909195738j:plain

 

トイレの反対側に洗面です。

f:id:mile-shacho:20180909195742j:plain

46㎡って結構広いのでトイレとバスルームはしっかりセパレートされています。

 

石鹸にも「さくらタワー」の文字が!

f:id:mile-shacho:20180909195750j:plain

 

洗面の横に浴槽があります。

f:id:mile-shacho:20180909195753j:plain

 

続いてシャワールーム

f:id:mile-shacho:20180909195757j:plain

 

アメニティー

f:id:mile-shacho:20180909195800j:plain

f:id:mile-shacho:20180909195804j:plain

f:id:mile-shacho:20180909195807j:plain

f:id:mile-shacho:20180909195811j:plain

夜はバスミルク入れて湯船でゆっくりできました。

 

トイレや洗面を抜けるとベッドルームです。

f:id:mile-shacho:20180909195816j:plain

 

色使いがとてもお洒落です。

f:id:mile-shacho:20180909195820j:plain

 

テレビやデスク

f:id:mile-shacho:20180909195823j:plain

 

冷蔵庫の中はこのような品揃えです。

f:id:mile-shacho:20180909195827j:plain

例のごとく、ラウンジが使えますから、こちらを利用することはありません。

 

コーヒーマシーンと無料のウォーター。

f:id:mile-shacho:20180909195831j:plain

f:id:mile-shacho:20180909195838j:plain

 

デスクはテレビ台と続きになっています。

f:id:mile-shacho:20180909195841j:plain

 

サイドテーブル

f:id:mile-shacho:20180909195845j:plain

 

ウェルカムフルーツが用意されていました。

f:id:mile-shacho:20180909195848j:plain

 

部屋からの眺めです。

f:id:mile-shacho:20180909195852j:plain

特に言うことはなし(笑)

 

エレベーターからの方が日本庭園が見下ろせて景色が良かったですね。

 

恐らく部屋自体は、デラックスルームと同じなのではないでしょうか!?一番ベーシックな部屋とも言えますが、普通に広いし、浴槽もあるしで、十分快適に過ごすことができました。

 

ザ・プリンスさくらタワー東京のフィットネスジム紹介

ザ・プリンスさくらタワー東京のフィットネスジムを紹介します。

 

フィットネスジムやパウダールームは地下にあります。構内図はこんな感じです。

f:id:mile-shacho:20180909195856j:plain

 

ではフィットネスジムを見てみましょう。

f:id:mile-shacho:20180909195859j:plain

 

ダンベルやベンチがあります。

f:id:mile-shacho:20180909195904j:plain

f:id:mile-shacho:20180909195912j:plain

フリーウェイト派の人も大丈夫ですね。

 

マシーンも各種揃っています。

f:id:mile-shacho:20180909195908j:plain

写真の左奥にはトレッドミルが何台もありました。

 

これはどう使うんだろう・・・(笑)

f:id:mile-shacho:20180909195916j:plain

 

ザ・プリンスさくらタワー東京のジム設備は、なかなかしっかりしていると思います。新しくて綺麗なところも大変気に入りました。

 

パウダールームにも行ってみます。

f:id:mile-shacho:20180909195919j:plain

f:id:mile-shacho:20180909195923j:plain

 

ブロアバスもあります。自分以外いなかったので写真を撮ってみました。

f:id:mile-shacho:20180909195926j:plain

 

リラックスラウンジ(?)と言う部屋

f:id:mile-shacho:20180909195930j:plain

マッサージチェアがありますから、運動して、ひとっ風呂浴びたら、こちらでリラックスするのも良いですね。

 

ザ・プリンスさくらタワー東京宿泊記まとめ

ザ・プリンスさくらタワー東京に宿泊した際、和の趣を大切にしていると言う印象を受けました。

 

リニューアル時のコンセプトをネットで見つけたので読んでみると「日本庭園の自然と調和した『和』を現代的に表現したデザインで、日本の風情に触れていただけるような意匠的工夫をした」と書いてあったので、やはり日本ぽさを大切にしているホテルなんですね。

 

マリオットのオートグラフコレクションに加盟したことで、外国からも多くの人が訪れることになるでしょう。外国から来た人が、ザ・プリンスさくらタワー東京に泊まれば、それはそれは異国情緒を強く感じることができると思います。(流行ると思います、笑)

 

今回は仕事が忙しく、ホテルのすぐ横にある日本庭園を散策できませんでしたが、こちらも外国人の方には喜ばれそうですね。

 

ザ・プリンスさくらタワー東京自体にはプールがありませんが、夏期には、すぐ近くのグランドプリンス新高輪にあるダイヤモンドプールとスカイプールが利用できるようです。

 

f:id:mile-shacho:20180917172500p:plain

 

どちらもザ・プリンスさくらタワー東京に宿泊しているプラチナメンバーは利用できるそうなので、来年の夏、機会があれば挑戦したいですね。

 

以上、ザ・プリンスさくらタワー東京宿泊記でした。次回はクラブラウンジの紹介をしたいと思います。